2019年10月02日 更新

シンプル部屋から卒業!手軽にお部屋をかわいく&豊かにするインテリアアイテム

シンプルな部屋も素敵だけど、やっぱりインテリアに凝ったかわいいお部屋にしたい。 高価な家具などを買い換える必要なく、アートポスターや鏡・植物の小物など部屋の雰囲気を手軽に変えることができるインテリアアイテムを6つ紹介します。

日常生活には不必要だけど、ちょっとした雑貨があるとお部屋が賑やかな印象になりますよね。
かわいい雑貨を取り入れることで豊かな気持ちになり心に余裕が生まれる、そんなお部屋を目指して部屋づくりを楽しみましょう。

お部屋にアイテムをプラスする際に気をつけるポイント

まずはじめに、アイテム取り入れる際に気をつけるポイントを紹介。
部屋に飾るものが増えると、小洒落た雰囲気になる一方で、ごちゃごちゃした印象になってしまう危険性もあります……。
そんなときは、全体の色味や雰囲気を見ながら追加していくことがポイントです。お部屋のカラーに合わせた小物を選ぶのがオススメ。

また窮屈な印象になってしまうので、置き過ぎず余白を意識してレイアウトしましょう。
また、テーマを絞って集めるのも手軽に統一感が出ます。
インテリアショップは家具だけでなく小物のディスプレイ方法などとても参考になるので、わたしは時間がある際にふらっと足を運んで日々勉強しています。

手軽な小物からはじめてみる

生き物のオブジェ

実家で一緒に暮らしていた猫、いつか飼ってみたいウサギ、飼えないけど憧れの大型動物……そんな生き物のアイテムを飾ってみると心がほっこりします。
生き物の存在感があると一緒に過ごしている同居人みたいなイメージで、なんとなく愛着が湧きお部屋が暖かい空気になりますね。

私は実家で猫を飼っていたこともあり、猫のオブジェを集めています。違うテイストの物が集まると統一感がなくなるので、同じシリーズの元を集めました!
陶器特有のツヤが高級感があり、またリアルな雰囲気で甘くなり過ぎないのもお気に入りポイントです。
こちらは昔から憧れていたイームズバードです。
リアルで洗練されたフォルムがお気に入りで、目に入るたびにこの子にふさわしいお部屋にしようと思うので整理整頓のスイッチになります。
大切なアイテムをひとつでも持っておくと気が引き締まるので、是非お気に入りのアイテムを探してみてください。

植物の小物

おしゃれな人の家に必ずあると言っても過言ではない観葉植物。
緑の溢れるお部屋にしたいけど、そんなにたくさんの生き物を面倒見きれないなという方は植物モチーフの小物を選んでみては?

リアルな質感のものから陶器や石膏など様々なものがあります。質感の違いを楽しむのもGOODです!
我が家にもフェイクグリーンから陶器のオブジェまで様々な植物モチーフを取り入れています。
オブジェとしてでなく、アクセサリーホルダーとしても使用しています。

壁面を飾る

ウォールミラー

お部屋の雰囲気を作るには、壁面も立派なキャンバスです!
ラウンドミラーやラタンミラーなどのコンパクトなミラーを壁に取り付けている様子をインテリアショップでも見ませんか?

鏡としての機能はもちろんですが、壁のアクセントにもなり一石二鳥です。
何もない壁にかけるだけで、洗練された空間になります。
普通に取り付けるのもステキですが、ウォールシェルフに引っ掛けてラフさを出してみました。

アートポスター

手っ取り早くおしゃれになる「アートポスター」
壁に取り付けるのが大変な場合でも、壁に立てかけるだけでもOK。サイズの違うものを重ねてもおしゃれでおすすめです!

我が家には抽象画のポスターを何点か飾っています。
具体的な物が描かれているポスターも好きですが部屋の印象が引っ張られてしまうので、他の雑貨が引き立つように抽象画にしました。
また、色味も同じ理由でモノトーンに抑えています。実はケーブル隠しとしても使っているんです。

お部屋に高さのリズムをつける

ルームランプ

ルームランプはデザイン性が高いものが多いので、点灯しなくてもインテリアアイテムとして優秀です。
インテリアに高さのリズムが出るのでアクセントになりますよ。

我が家は「Anglpois」のルームランプをベッドサイドに置いて、就寝前の時間をゆったり楽しんでいます。
昼とは違い部屋がムーディーな雰囲気になり自然に睡眠に入っていけるので、時間に余裕があるときに使っています。

玄関からもインテリアを楽しむ

ラグ

家に帰ってきた際に目に入るとほっこりする玄関ラグ。
一目惚れしたラグを玄関にひいています。お部屋への大切な導入ポイントなので帰宅後一歩目から気分がアップ!
また、小さいラグは使い勝手がいいのでベッドサイドに使用しています。
ラグ同士が重なるように引くと玄人のような印象になりGOOD!

まとめ

シンプルなお部屋にも少しアイテムを追加してみるだけで雰囲気を変えることができるので、まず取り入れやすい小物から初めてみるのがおすすめです。
心が豊かになるお部屋づくりを楽しみましょう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

ホワイトインテリアの魅力と作り方を知って、憧れの部屋を手に入れよう!

ホワイトインテリアの魅力と作り方を知って、憧れの部屋を手に入れよう!

今、人気の高いホワイトインテリア。憧れの一人暮らしを始めてチャレンジしてみたいけれど「何から始めたらいいの?」と悩んでいる方も多いかもしれません。そこで、ホワイトインテリアに...
sakko
2020.03.28
北欧×男前アイテムで作る sarami流MIXインテリア

北欧×男前アイテムで作る sarami流MIXインテリア

北欧インテリアと男前インテリアを掛け合わせた、MIXインテリアをご紹介します。各テイストのアイテムの取り入れ方や、お部屋づくりで気をつけているポイントなどもまとめてチェック!
sarami
2020.03.14
お部屋の形別! ゾーニングパターン紹介

お部屋の形別! ゾーニングパターン紹介

まっさらなお部屋に入居した直後、何をどこに置いたらよいのか途方に暮れてしまったり、そのままなんとなく生活がスタートしてしまったりした方も多いのではないでしょうか?今回はインテ...
Ikumi Shiba
2020.01.21
Vol.09 くつろぎTimeはキミと素敵な香りと【ハチノスハイム・Room309】

Vol.09 くつろぎTimeはキミと素敵な香りと【ハチノスハイム・Room309】

恋人たちのロマンチックな「妄想日記」が人気のイラストレーター・シェリーリリーの連載漫画がスタート! マンション「ハチノスハイム」を舞台にとりぐら編集部のおすすめアイテムをキュ...
シェリーリリー
2020.03.13
“脱”生活感! ベッド周りを「きれい」かつ「おしゃれ」に変身

“脱”生活感! ベッド周りを「きれい」かつ「おしゃれ」に変身

一人で暮らすのに最適なワンルームや1Kですが、お部屋に入るとベッドが丸見えで生活感が出てしまう…と悩んでいる人も多いはず。そこで今回はインテリアのプロに、丸見え状態のベッド周...
とりぐら編集部
2019.09.16

この記事のキーワード

この記事のライター

sarami sarami

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた