2019年09月18日 更新

インダストリアルインテリアでクールな部屋に! すぐできるDIYテクニックも紹介

SNSでもひときわ目を引くおしゃれなショットのひとつに「インダストリアルインテリア」があります。ここでは、生活感のないビジュアルが魅力のインダストリアルインテリアの特徴や、スタイルを取り入れる際のポイントなどをご紹介します。カフェのようなお部屋づくりを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

gettyimages (24408)

インダストリアルの意味は?どんなインテリアを指す?

インダストリアルインテリアは、もともと1919年にアメリカで使われるようになった言葉です。
インダストリアル(industrial)は、「工業の・産業の」という意味の英語なので、「工業的デザインのインテリア」という意味になります。

それまで主流だった工芸的デザインに対して、企業の利益を意識した大量生産・大量消費のためのデザインとして普及しました。現在ではコンクリートやスチールなど、工場をイメージさせる素材を使ったインテリアのことをインダストリアルインテリアと呼ぶことが主流です。

インダストリアル(工業的)なインテリアは無機質でクール

インダストリアルインテリアを一言で説明すれば、無機質で無骨なイメージです。むき出しの鉄骨やコンクリートに荒削りの木材、ブラックアイアンを組み合わせた、男性的でクールな空間です。

ブルックリンスタイルはどう違う?

インダストリアルインテリアを含んだ、ルームデザインのひとつがブルックリンスタイルです。
ニューヨーク市のブルックリン地区は、もともと工場地帯だったことから倉庫が多いエリアです。コンクリートやレンガなど重厚感のある素材が多用される点は同じですが、ブルックリンスタイルには東海岸ならではの装飾性とカジュアルさがあることが特徴です。

女子にも人気!インダストリアルインテリアのポイント

gettyimages (24629)

どちらかというと男性的な性質のインダストリアルインテリアですが、モダンなカフェのような雰囲気はおしゃれ好きな女子の間でも人気です。インダストリアルインテリアのキーワードである「レザー」と「レンガ」、そして「木と鉄」のコンビネーションを取り入れましょう。

壁面はコンクリートかレンガ風に

コンクリート壁やレンガ壁はインダストリアルインテリアの基本ですが、何も本物のコンクリートを打ったり、レンガを積んだりする必要はありません。
特に賃貸の場合は、原状回復が必要なもの。素朴なレンガをかたどった壁紙やコンクリートブロック柄の貼ってはがせる壁紙を活用すれば、退去時のことも気にしつつ簡単に取り入れられます。

照明器具は古臭くゴツめのものを選ぶ

インダストリアルインテリアの部屋には昔の工場で使われていたようなペンダントライトや撮影ライトなどがよく似合います。無骨でありながら洗練されたアンティークなフォルムは存在感たっぷりです。

金属×木材の家具を取り入れる

gettyimages (24630)

ワイヤーやスチールの家具を買い揃えることは大変ですが、収納にワイヤーバスケットを使うだけでもインダストリアル風のインテリアになります。

一人暮らしの大学生も手軽にできるDIY

必ずしも高価なアイテムを買い揃えなくても、100均にも似たようなデザインのものが手に入るため手軽に挑戦することができます。

配管インテリア風に加工できる「塩ビパイプ」は大人気の素材

打ちっ放しのコンクリート壁を這うように伸びる配管や、天井に貼りついたむき出しのダクトもインダストリアルインテリアの大切な要素です。軽量で安価な「塩ビパイプ」をメタリック調に塗装すれば、廃墟のような重厚感のあるラックやオリジナルデスクが作れます。
gettyimages (24633)

100均の「収納ボックス」もメッキ調スプレーでメタリックに加工

金属特有のマット感やザラザラしたサビ感を出したいときは、スプレー式の「アイアンペイント」がおすすめです。塩ビパイプだけでなく、木や紙も塗装できます。

「鉄板風シート」を貼れば引き出しや収納ケースもインダストリアルに

工事現場の足場のような、ハードなイメージの縞鋼板をかたどったシートも手軽に使えて便利です。ナチュラルな木製ボードに貼るだけで、メタリックなインダストリアルインテリアに早変わりです。

まとめ

おしゃれなカフェを思わせる「インダストリアル インテリア」は無骨でカッコいいだけでなく、どこか秘密の隠れ家のようなムードも魅力です。簡単に手作りできるので、時間を見つけて少しずつ憧れの空間を作り上げてみてはいかがでしょうか。
監修:堀よりこ
Green Interior代表
毎日が忙しい人のためのメール完結するインテリアコーディネートサービス「Roomo」運営/東京都内在住のインテリアコーディネーター。大手ハウスメーカーにてお客様の住空間に関わった後、法人・個人のインテリアコーディネート業をはじめ、コラム執筆など多方面で活動。「私が幸せになれる部屋」をコンセプトに活動中。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

快適にカスタマイズ!賃貸でもできるちょこっとDIY

快適にカスタマイズ!賃貸でもできるちょこっとDIY

なにかと制約の多い賃貸のお家でも自分に合わせた過ごしやすい空間にしたい、でも大変な作業は嫌だ・・・という方のために、賃貸でもできるお部屋のカスタマイズ方法をご紹介します!
Ikumi Shiba
2019.09.26
クロス張替えで内装をイメチェンしたい! 壁紙の費用と基礎知識を解説

クロス張替えで内装をイメチェンしたい! 壁紙の費用と基礎知識を解説

部屋のクロス張替えの方法やクロスの種類をご紹介します。大学進学など、初めて一人暮らしをする方にとって、生活のすべてが新鮮なはずですね。でも、少し慣れてくると、部屋を自分のイメ...
とりぐら編集部・とり
2019.08.09
フルリノベーションで見違える部屋に! アイテム使いもシックでかわいい1LDK

フルリノベーションで見違える部屋に! アイテム使いもシックでかわいい1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、築34年の1LDKをフルリノベーションしておしゃれに暮らす_nevvxnevv_さん。写真も参考に、お気に入りのアイテムや...
とりぐら編集部
2020.07.10
ナチュラルホワイトなお部屋! 骨董品と新しい物をセンスよくMIXした1DK

ナチュラルホワイトなお部屋! 骨董品と新しい物をセンスよくMIXした1DK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1DKに暮らすeden_bbrさん。アンティークの家具などの古いもののなかに、流行のアイテムを上手に取り入れています。写真...
とりぐら編集部
2020.07.10
【リノベなお部屋レポート】“DIY収納”でお部屋を立体的に楽しむ

【リノベなお部屋レポート】“DIY収納”でお部屋を立体的に楽しむ

おしゃれ空間に生まれ変わったリノベーション賃貸物件に住み、理想の暮らしを追求し続ける住人を紹介する新企画。第2回は、第1回で登場いただいたDIYの収納テクが光る、岡部邦行さん...
とりぐら編集部
2020.06.01

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた