2022年07月04日 更新

ずぼらさん必見! キレイを保てる一人暮らしの部屋のつくり方&習慣

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、都内の7畳1Kで一人暮らしを楽しむokachan___さん。モノが少なくいつもスッキリと整えられていて、清潔感にあふれています。キレイなお部屋をキープさせるために、ちょっとしたルールを決めているそう。写真も参考に、キレイなお部屋を保つための秘訣をご紹介します!

一人暮らしだとスペースが限られていたり、ついついモノが増えてしまったりと、お部屋をキレイに保つのって意外と大変。ですが、アイテム選びや日々の習慣をほんの少し気を付けるだけで、掃除が楽になる環境が整って、自然とキレイを持続しやすくなるんです。一人暮らし歴7年のokachan___が実践している、お部屋をキレイに保つコツを教えてもらいましょう!
okachan____さん

7畳1K

https://www.instagram.com/okachan____/

キレイな部屋を保つために、日頃から意識したいこと

モノを多く持たないよう、持つ量を決める

モノが多いというのは、掃除や片付けも大変になるし、部屋がごちゃつく一番の原因に。「ひとつ買ったらひとつ捨てる」など自分のなかでルールを決め、家に置くモノの量を決めておくといいですね。okachan___さんは掃除のしやすさを重視していることもあり、もともとモノが少ない方。それでもお部屋がごちゃついてきたと思ったら、モノを捨てたりディスプレイを見直してリセットしているそうです。

掃除をしやすいように、床にモノを置かない

モノが床に散らばっていると、見た目も美しくないし、掃除の際まずはモノを片付けるところから始めなけれなばならずモチベーションが下がりますよね。それを防ぐには、そもそも床にモノを置かなければOK! 最初は意識が必要かもしれませんが、慣れてしまえば無意識にできるようになります。
モノの定位置を決めたり、ムダなものを持たないことで、無理なく続けることができます。
okachan____さん

モノをどかすのがめんどうなので、最初から床にモノをなるべく置かないようにしています。おかげでこまめに掃除機やクイックルワイパーをかけるようになりました!

お部屋をスッキリさせてくれる&お手入れが楽なアイテムを選ぶ

モノを床に置かないで済むよう、収納付きの家具を選ぶ

モノを床に置かない習慣をつけるためにも取り入れたいのが、収納付きの家具。収納場所が増えれば、床にモノを置く必要もなくなりますよね。okachan___さんがリビングテーブルに選んだのは、家具や寝具、デザイン家電の通販サイト「タンスのゲン Design the Future」で購入したヴィンテージセンターテーブル(税込9,999円)。天板の下には網棚が付いていて、リモコンや新聞、雑誌などちょっとしたモノをしまうことができます。リビングには手の届く場所に置いておきたい細々としたモノが多くあるので、テーブルに収納があると便利ですよ♪

部屋着や置き場のないモノを隠すためのバスケットを置く

部屋着やちょっと使ったひざ掛けなど、まだ使うけどいったんしまっておきたいようなモノってよくありますよね。そんな置き場に困ったモノは、見た目もかわいいカゴに入れてしまえば全て解決! okachan___さんは、置き場の決まっていないものは、「イケア」で購入したフローディス(税込1,499円)に入れています。カゴの見た目もかわいいうえ、生活感も隠せて一石二鳥!

さっと拭いて手入れのできる、汚れにくい素材のカーペットを選ぶ

カーペットが汚れてしまったとき、その度に洗濯をするとなると大変ですよね。そんなときは、汚れにくくお手入れが楽な素材でできたカーペットがおすすめ。okachan___さんは、アジアン雑貨や家具をメインに取り揃えるネットショップ「アジア工房」で購入した、オリエンタル柄のラグマット(税込7,680円)を愛用。素材は汚れが付きにくいポリプロピレン100%で、水をこぼしてもさっと拭き取ればシミになりにくいのが特徴です。毛足が短いというのもお手入れが簡単になるポイントなので、カーペットを選ぶときは毛足の長さにも注目してみて!

まとめ

気合を入れて掃除をするのって大変だし、なかなかやる気になれないもの。ですが、okachan___さんのようにお手入れが楽なアイテムや収納力のあるアイテムを取り入れたり、毎日ちょっとしたポイントを抑えながら生活すれば、部屋が汚れにくくなって掃除も格段に楽になります。キレイなお部屋をキープできるように、まずはひとつ、自分に合いそうな方法やアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。
※写真は全てokachan____さんより提供
※掲載の価格、商品スペック等は掲載時の情報です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

今のインテリアにちょっと飽きたかも? 低予算で雰囲気をガラッと変える方法3選

今のインテリアにちょっと飽きたかも? 低予算で雰囲気をガラッと変える方法3選

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、都内の7畳1Kで一人暮らしを楽しむokachan___さん。ナチュラルテイストのお部屋は、モノが少なくすっきりとした印象です。ミ...
とりぐら編集部
2022.07.04
モノは揃えつつおしゃれに収納! 一人暮らしの使い勝手のいいキッチンレイアウト術

モノは揃えつつおしゃれに収納! 一人暮らしの使い勝手のいいキッチンレイアウト術

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、都内の9.6畳1Kで生活するrom__roomさん。「ナチュラル」をテーマに、お花やグリーンのある生活を楽しんでいます。お花やグ...
とりぐら編集部
2022.04.08
【簡単DIY】なんだか味気ない水回り&キッチンをカフェっぽくする方法

【簡単DIY】なんだか味気ない水回り&キッチンをカフェっぽくする方法

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、都内の7畳1Kで一人暮らしを楽しむokachan___さん。トイレや洗面台、キッチンなど、お部屋の各所がカフェっぽい雰囲気になっ...
とりぐら編集部
2022.07.04
折りたたんでしまっておける! 一人暮らしのお部屋で重宝するアイテム

折りたたんでしまっておける! 一人暮らしのお部屋で重宝するアイテム

素敵なお部屋の実例をご紹介。今回ご紹介するのは、6畳1Kで一人暮らしをするaya_style55さん。収納にも便利な折りたためる家具を取り入れることで、スペースを有効に使い、...
とりぐら編集部
2022.07.26
こんなモノも有効活用!? 狭い部屋をスッキリ見せる収納アイデア

こんなモノも有効活用!? 狭い部屋をスッキリ見せる収納アイデア

素敵なお部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、都内の6畳1Kで一人暮らしをするaya_style55さん。コンパクトなお部屋でも快適に過ごせるよう、アイテム選びや収納方法を...
とりぐら編集部
2022.07.26

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ