英語力を無駄にしない! 留学が終わった後、日本でできる英語学習法3選【学生記者】

里慶
2017/04/10
留学
あとで読む



こんにちは。横浜市立大学の里慶です。みなさんは海外旅行や留学が終わってから、「もっと英語を勉強したい!」と思ったことはありませんか? せっかく英語能力を身につけて帰ってきても、使う機会がないとだんだんその能力が衰えてしまうこともありますよね。そんなもったいない事態を避けるために、日本にいながらできる英語の勉強方法を紹介します。

▼こちらの記事もチェック!
里慶さんの記事をもっと読む!

■オンライン英会話で定期的に英語に触れる

1レッスン平均して500円前後という安い価格で受講できるオンライン英会話教室があります。 僕が留学経験なしでTOEICで900点を超えられたのも、セブに行って英語で苦労しなかったのも、実はこのオンライン英会話のおかげです。今でも週に1回は活用して、セブでの話をしたり、今後の目標を話すなど、とても盛り上がっています! 日本では特に「英語を話す」機会が少ないのでぜひこれは活用してみてください!

■目標を決める

よくありがちなのは語学留学というのは現地に行って満足してしまい、日本に戻ってきたら元通りという状態になりがちです。次なる目標を決め、それに向けてしっかり準備していきましょう。一度留学の経験があるなら失敗したことややりたかったけどやれなかったことなどを思い出し、次回の留学に生かしましょう。語学にはゴールがありません。目標をはっきりさせないとなにをどこまでどのようにがんばればいいのか見えてこないため、やる気も出ません。毎日の学習のモチベーションになるような目標を決めましょう。

■仲間を作り、発信していく

留学のメリットはやはりそこでしかない出会いです。お世話になった先生に連絡したり、留学先であった人に連絡したり、SNSで経験を発信したり、国際系のイベントやボランティアに参加したり、そういったことを通して仲間を増やしていきましょう。意外な情報が手に入ったり、次回の留学に役に立つ情報がたくさん手に入ったりするかもしれません。語学のメリットは他者がいるということ。一人で黙々とやるのもいいですがやはり誰かに何かを伝えるためのツールです。それを意識し、学んだことをアウトプットできる場所を積極的に増やしていきましょう!

いかがでしたか? ついつい環境の性で英語の勉強はおろそかになりがちですが、日本にいても英語能力を向上できる機会は整っています。受身の姿勢ではなく、英語を使う機会を積極的に増やし留学前後にかかわらず日本でできる英語学習の方法をたくさん活用してみてはいかがですか?

文:里慶

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催