厳しくも優しい! 今となっては愛を感じる両親からのお説教エピソード5選

編集部:すい
2017/01/15
入学準備・新生活
あとで読む

両親から叱られたりお説教をされたりすると、子どものうちは「なんでこんなことで怒られなきゃいけないの!」と反抗してしまうことも多いですよね。でも、大人になってから考えてみると、そのお説教は実は子どものためを思ってのことだったんだなと気付かされる場合も。今回は、成長した今となっては愛を感じる両親からのお説教エピソードについて、大学生のみなさんに振り返ってもらいました。

▼こちらもチェック!
大学生に聞いた! あの時、親に叱ってもらってよかったと思うこと5選

■食事のマナーと人間関係について

・勉強に関しては自分の好きなようにしなさいというスタンスである両親。食事の際のマナーや人間関係にだけは非常に口うるさく、当時は「ウザいな」と感じていた。いろんな人と一緒になる機会が増えた今となっては非常に感謝している(男性/22歳/大学4年生)

マナーを守る大切さや人間関係に気を使うことの重要性はおとなになってからでないと本当には気づけないもの。子どものときはうるさいとしか感じなかったお説教の意味も、社会に出ると身にしみて実感できそうですね。

■大学を辞めたいと話したとき

・学校を辞めたいと思ったときに母に話したらとても怒られた。まだ2年生で先が見えずに、何のために頑張っているかわからなくなっていたときだった。母からはこんなに苦労して大学に入ったんだから、今やりたいことがなくても見つければいいと言われた(女性/21歳/大学4年生)

大学を辞めるという大きな決断をめぐって母親とケンカになったという声。簡単に決断していいことではないので、たとえ怒ってでも止めてもらったことは良かったのではないでしょうか。

次のページ反抗期のあるあるも……

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催