【潜入レポ】「ミス慶應コンテスト2015」ファイナル! 女子大生6人が艶やかなカラードレス姿で登場

編集部:はまみ
2015/12/03
学園祭
あとで読む

中野美奈子、青木裕子といった第一線で活躍するアナウンサーを多く輩出し、女性アナウンサーの登竜門との呼び声も高い『ミス慶應コンテスト』。2015年11月23日に本年度のグランドフィナーレが開催されました。「本気の女性は美しい」というテーマのもと、厳しい審査を勝ち残った6名の美女たち。今回はその『ミスソフィアコンテスト2015』の会場に、学生の窓口編集部が潜入してきました! 果たして、ミス慶應の栄冠を手にするのはどのミス候補なのでしょうか?!


■会場は超満員。世界的なファッションデザイナーの姿も!

慶應義塾大学・三田キャンパスのホールは満員。応援に駆け付けた観客やたくさんの報道陣でにぎわい、同コンテストの注目度の高さがうかがえます。

まず司会者から来賓のスポンサー企業の紹介がされると、ミス慶應2015のファイナリストたちのドレスをプロデュースした世界的なブライダルファッションデザイナー・桂由美さんからのご挨拶が。そして、いよいよファイナリスト6名がそれぞれの個性に合ったカラードレスをまとって登場です。タキシードに身を包んだイケメン慶應ボーイたちが壇上までファイナリストをエスコートします。

(経済学部経済学科4年・小川真実子さん。大輪の薔薇をまとったようなデザインのドレスがまぶしい!)

エントリーナンバー1番、法学部法律学科3年・松代杏奈さん。
エントリーナンバー2番、経済学部経済学科4年・小川真実子さん。
エントリーナンバー3番、法学部政治学科3年・千須和侑里子さん。
エントリーナンバー4番、環境情報学部2年・新井椎己さん。
エントリーナンバー5番、法学部政治学科4年・中川安奈さん。
エントリーナンバー6番、経済学部経済学科4年・山田来夢さん。

これでファイナリスト6名が揃いました。可憐で美しい立ち姿に、まるでステージ上が花畑になったような華やかさ! 改めて、ステージに立った彼女たちが今の心境を語ります。

松代杏奈さん
「すごく緊張しているのですが、今は本当に胸がいっぱいです」
小川真実子さん
「私もすごく緊張しているんですけど、今日は目一杯楽しめるよう頑張ります!」
千須和侑里子さん
「こんな素敵な舞台に立てて夢のようです。お集まりいただき、ありがとうございます」
新井椎己さん
「ここから見える景色は本当にすばらしいです。今日は楽しんでください」
中川安奈さん
「今日でミスコンの活動が最後だと思うと、なんだか胸がいっぱいです」
山田来夢さん
「今日はお越しいただいて本当にうれしく思っています。最後まで頑張りますのでよろしくお願いします」
と、緊張のせいか皆さん少しガチガチですが、このミスコンにかける真剣さが十分に伝わってきます。

次のページ涙が溢れだす! 6名それぞれが想いのつまった手紙を朗読

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催