ネイティブっぽい! 使いこなせるとかっこいい英語の「略語」まとめ

学生の窓口編集部
2015/11/21
資格
あとで読む


海外の人とチャットでコミュニケーションを取る際、頻繁に目にするのが「英語の略語」です。日本語でのチャットだと初めて見るものでも推測しやすいかもしれませんが、英語だと全く意味が分からないことも多いでしょう。今回は、そんなチャットやSNSなどウェブ上で使われることの多い「英語の略語」を紹介します。

●「ty」=「thank you」

使うことの多い「thank you」はこのように略します。

●「sry」=「sorry」

「sorry」は略すと「sry」。知っていないと分かりませんね。

●「plz」=「please」

「plz」は「please」の略です。「s」が「z」になっていますね。

●「ic」=「I see」

「了解」や「分かった」といった意味で使う「I see」。「see」が「c」と一文字になります。

●「cya」⇒「see you」

「またね」という意味の「see you」は「cya」になります。これも分かりにくいですね。

●「idk」=「I don't know」

「I don't know」は略語にすると「idk」です。「さあね」くらいの軽いノリで使います。

●「ikr」=「I know right?」

「ikr」は「だよね?」といった意味の「I know right?」の略語です。

●「gf」=「girl friend」

「girl friend」は「gf」となります。ちなみに「boy friend」は「bf」。これは分かりやすいです。

●「k」=「OK」

これは実にシンプル。ただ知らないと理解できないかもしれません。

●「omg」=「Oh my god!」

「Oh my god!」は「omg」と略します。これは何となく分かる……かも?

●「ttyl」 = 「talk to you later」

「ttyl」は「talk to you later」の略語。これは「また後でね」といった意味です。

●「YOLO」=「You Only Live Once」

最近日本でもSNSなどで使われることが多くなった「YOLO」。「人生は一度きり」という意味の「You Only Live Once」の略語です。

●「bff」=「best friend Forever」

「best friend forever」を略すと「bff」。これもSNSでよく使われています。

●「lol」⇒「laughing out loud」

「laughing out loud」は「lol」と略します。「大笑い」という意味です。

●「xoxo」=「kiss and hug」

主に別れ際に使う略語。「kiss and hug」の頭文字ではないので、分かりにくいですね。

英語の略語はまだまだ数多くありますが、ピックアップしてご紹介しました。海外の人とチャットやSNSでコミュニケーションを取る際は、こうした略語を覚えておくと便利ですよ!

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催