【豆知識】日本にいながら海外の「宝くじ」を買うと犯罪になるって本当?

編集部:はまみ
2016/07/22
入学準備・新生活
あとで読む

高額な当選金で知られる海外の「宝くじ」。なかには一生使えきれないような当選金のものもありますが、日本にいながら「海外の宝くじ」を購入すると、違法行為になることはご存知でしょうか。日本での「くじ」は刑法187条にて厳しく定められ、個人が勝手に作ったり販売すると懲役や罰金が科されます。「宝くじ」は例外的な存在で、「当選金付証票(とうせんきんつきしょうひょう)法」で許可されているのでOKですが、海外モノはもちろん非公認なので、日本にいながら購入するだけで違法行為になってしまうのです。ただし、商店街でよくある「福引き」や「シールを10枚集めて応募しよう!」などは「懸賞」であり「くじ」ではありません。

■日本で購入すると違法

刑法・187条では、「宝くじ(富くじ)」について、
・発売した者は、2年以下の懲役又は150万円以下の罰金
・取次ぎをした者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・授受した者は、20万円以下の罰金又は科料
と規定し、くじを勝手に作る、売る、買う、のすべてが違法となっています。日本の宝くじは当選金付証票法で許可されていますが、「海外の宝くじ」はもれなく該当するので、日本にいながら購入すれば違法となり、懲役や罰金が科されます。今ではオンラインで簡単に手に入りますが、当たる/当たらないは問わず「買った」時点で犯罪になってしまうし、「ネット通販で購入したら悪徳商法だった」といった被害も多発しているので、手を出さないほうがいいでしょう。

どうしても「海外の宝くじ」を買ってみたければ、現地に出向いて購入するしか道はありません。「刑法第187条」は日本にいるひとに有効なので、外国でその国のくじを買っても対象にならないのです。もしも当選した際は当選金を受け取りに再び出向き、換金してから日本へ送金するのが一般的です。国によっては当選金額に応じた税金を差し引かれる場合もあり、ストレスは意外にも大きそうですね。その場でわかる少額のくじで我慢するのが無難でしょう。

次のページ「くじ」と「懸賞」の違いは?

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催