ドル建て生命保険とは? 仕組みやメリットについて解説

2020/08/31

保険

生命保険とは、自分に何かあったとき、残された家族を経済的に支えるものです。しかし、中には返戻金などを貯蓄として用いることができる生命保険もあります。今回は、その中からドル建て生命保険について解説します。
(監修協力:恩田 雅之)

ドル建て生命保険  仕組み メリット

ドル建て生命保険とは?

「ドル建て生命保険」とは、ドルで保険料を支払い、死亡保険金や年金、満期保険金、解約返戻金などもすべてドルで受け取るものです。

基本的な内容は、一般的な円で支払い、円で受け取る形の円建て生命保険と仕組みは同じです。ただし、外貨である「ドル」を用いていることが特徴となり、ケガや病気の際の保険という意味合いよりも、資産運用の意味合いが強くなっています。

ドル建て生命保険に資産運用の意味合いが強い理由は、日本が超低金利であるのに対して、アメリカでは日本よりも市場金利が高いことによります。つまり、ドルを用いてアメリカで保険を活用した場合、資産を増やすことのできる可能性が高くなります。

ドル建て生命保険のメリットとデメリット

では、ドル建て生命保険のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

ドル建て生命保険のメリット

円よりも金利が高いため、運用利回りである「予定利率」が高くなり、貯蓄性が高くなります。

また、予定利率が高いことから、毎月の保険料が安く済み、家計の負担が減りますし、為替変動によっては、利益が出る可能性もあります。

ドル建て生命保険のデメリット

保険料を支払うときや、保険金などを受け取るときに円からドル、ドルから円へ交換するため、為替手数料がかかります。

また為替変動によっては、月々の保険料が高くなることがあり、損失が出る可能性もあります。


ドル建て生命保険は、日本よりも市場金利が高いアメリカで運用することから、保険会社が契約者に約束する運用利回りとしての予定利率が高くなります。このことにより、資産が積み上がり、受け取ることのできるお金が増えます。また、予定利率が高いと金利の低い保険と比較して、結果的に月々の保険料が安く済むというメリットがあります。

一方で、保険料を円からドルに替えて支払い、ドルから円に替えて受け取るため、為替相場の影響を強く受けます。毎月の保険料もドルで設定されていますので、例えば毎月の保険料が100ドルだとすると、1ドル80円のときには8,000円で済むものが、1ドル100円のときには10,000円となります。

これは解約返戻金や満額保険金を受け取るときも同じで、例えば受け取れる金額が50,000ドルだとすると、1ドル100円のときには500万円受け取れますが、1ドル80円のときには400万円と、大きな差が出ます。
基本的にはできるだけ円高の時期で加入し、保険会社からの支払いは円安の際に受け取るのがよいでしょう。

まとめ

ドル建て生命保険は、一般的な生命保険と仕組みは同じです。支払いや受け取りをすべてドルで行うため、運用性の高い保険となっています。為替相場の影響を強く受けますので、資産を増やすためには、加入や受け取りの時期が重要となります。

(学生の窓口編集部)

監修協力:恩田 雅之
1959年、東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。CFP®資格を取得後、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。初心者向け資産運用に関するセミナーと投資信託など資産運用を中心としたコラムの執筆やローン関連を中心に記事の監修などを中心に活動中。
http://onda-fp-jimusho.com/

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

保険の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る