売上原価はどうやって求める? 算出方法について解説

2020/09/17

お金の知識

売上原価の算出方法を、計算式や具体例を用いて解説します。商売で取り扱う品物には費用が発生します。会計の世界では商品が売れると、その商品にかかった仕入れや製造の費用を算出します。これを売上原価と呼びます。

【監修協力:資格の大原(社会人講座)

売上原価 算出方法

商品が売れなければ売上原価は発生しない

会社の収益と損益をまとめた損益計算書において、売上高の次にあたる項目が売上原価です。売上原価とは、売上が発生したものに対する原価で、販売した商品の仕入原価や製造原価を指します。

企業では商売を行う際、商品を仕入れたり製造して、商品や製品をお客さんに販売します。販売した商品にかかった仕入れや製造の代金を売上原価といいます。そのため、売上原価は商品が売れたタイミングで発生します。

例えばその年にたくさんの仕入れや製造を行っても、商品が一つも売れなければ売上原価は発生しないことになるのです。

売上原価を算出する公式

売上原価を算出する計算式は、「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」となります。

棚卸高とは在庫の金額を指します。つまり、昨年末日時点での在庫の仕入額と今年の仕入額を合計し、そこから今年の末日時点における仕入額を差し引いたものです。
これにより、その年に売れた商品の仕入金額を把握することができるのです。

ちなみに製造業の場合は、仕入額ではなく、製品を作った際の費用である製造費をあてはめます。計算式は「期首製品棚卸高+当期製品製造原価-期末製品棚卸高」となります。

具体例を用いて算出してみる

例えば、あるお店を開店したとします。開店した年に、1つ300円の商品を5つ仕入れ、年内に2つ商品が売れました。その場合の売上原価は、300円×2つ=600円となります。これにより600円分は売上原価となり、
売れ残りとなった3つ分の仕入金額は棚卸高となり、貸借対照表において、在庫は棚卸資産として資産の科目に勘定されます。

ではその翌年、さらに400円の商品を4つ仕入れたとします。そして年末時点で、昨年仕入れた300円の商品が3つ、今年仕入れた400円の商品が3つ売れました。
この場合の売上原価は、計算式に当てはめると、300円×3つ(期首商品棚卸高)+400円×4つ(当期商品仕入高)-400円×1つ(期末商品棚卸高)=2100円。

また、売上原価を売上高で割ることで、売上に対する売上原価の割合を示す、売上原価率を算出できます。売上原価率の割合が高い場合は、売上原価がかさんでいる状況を指し、利益の確保が難しい状況だと読み取れます。

まとめ

売上原価の算出に関しては、会計の分野の言葉が入り混じるため、複雑なものに思えるかもしれません。しかし商品を仕入れてから売るという流れがイメージできれば、計算自体は難しいものではありません。売上と売上原価の関係を捉えて、全体像をつかめるようになりましょう。

(学生の窓口編集部)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

お金の知識の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]