「座右の銘」の意味とは? 自己アピールに使える名言集

2019/01/25

ビジネス用語

就職活動において、面接のときに「座右の銘」を聞かれることが頻繁にあります。みなさんには「座右の銘」がありますか? 特にないという人は、考えておいたほうがいいでしょう。今回は「座右の銘の意味」や「有名な座右の銘」などをご紹介します。

「座右の銘」の意味とは? 自己アピールに使える「座右の銘」の話

座右の銘って何?

「座右の銘」の「座右」とは、かつて皇帝などが、自分の右手側の席に信頼できる補佐役を座らせたことから「重要な席」という意味があります。
そして「銘」は「大事なことを忘れないように刻み込む」ことを意味します。
つまり「座右の銘」とは、「常に自分の心にとどめておき、自分の戒めや励ましにする言葉」のことです。

どんな言葉を「座右の銘」にするかはその人の自由。昔の偉人の言葉、故事成語、四字熟語、スポーツ選手や芸能人などの有名人の言葉、身近な人の言葉など、いろいろな言葉が「座右の銘」として取り上げられています。

有名な座右の銘は?

「座右の銘」はどんな言葉を選んでもいいのですが、まずは多くの人が選んでいるものをご紹介します。

◇継続は力なり
有名な言葉ですね。「困難があっても諦めずに努力できる」という気概があることをアピールしたい人には最適です。

◇不言実行
「目標などを口には出さず、黙ってなすべきことを実行すること」です。自分の考えを表現することや、コミュニケーションが苦手な人は、この言葉を「座右の銘」にするといいかもしれません。

ほかにも、さまざまな名言があるので、ぜひ座右の銘を見つけてみましょう!

おすすめの名言集

座右の銘に使えるおすすめ名言集

偉人の名言

◇簡単すぎる人生に、生きる価値などない。(ソクラテス)
◇雲の向こうは、いつも青空。(ルイザ・メイ・オルコット)
◇泣いてパンを食べた者でなければ、人生の本当の味はわからない。(ゲーテ)
◇もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。(魯迅)
◇夢を見るから、人生は輝く。(モーツァルト)

著名人の名言

◇登りたい山を決める。これで人生の半分が決まる(孫正義)
◇失敗することを恐れるより、何もしないことを恐れろ(本田栄一郎)
◇今日の我に明日は勝つ(美空ひばり)
真剣だからこそ、ぶつかる壁がある。(松岡修造)

映画の名言

◇明日は明日の風が吹く(風と共に去りぬ)
◇本当の負け犬ってのは負けるのが怖くて挑戦しないやつらのことだ(リトル・ミス・サンシャイン)
◇人生に確かなことなんてない。それだけが確かなことなのだ(ビューティフル・マインド)
◇道を知っていることと実際に歩くことは違う。(マトリックス)

格好いい英語の座右の銘

外国人の残した英語の名言を「座右の銘」にする人もたくさんいます。和訳とともに原文が言えると、説得力が増すので覚えておくといいでしょう。英語の「座右の銘」には以下のようなものがあります。

◇In the middle of difficulty lies opportunity.
20世紀最高の物理学者と賞されるアルベルト・アインシュタインの言葉です。「困難の中に機会がある」という意味のこのフレーズは、常にポジティブでありたい人に最適です。

◇Imagination means nothing without doing.
映画史に名を残す喜劇王チャーリー・チャップリンの名言です。「行動を伴わない想像力は何の意味も持たない」というこの言葉は、行動力に自信のある人の座右の銘にぴったりです。

◇Stay hungry,stay foolish.
『アップル』の共同創設者の一人、スティーブ・ジョブズの言葉です。直訳すると「ハングリーであれ、愚か者であれ」となり、「常識にとらわれない愚か者であるべき」といった意味があるので、やる気と同時に謙虚さをアピールできますね。

面接ではどう使えばいい?回答例をチェック

就活などの面接で「座右の銘」を聞かれた場合、単にその言葉を答えるだけでは満点の回答とは言えません。あなたの言葉が説得力を増し、相手に好印象を与える100点満点の答えをするには、以下のポイントを押さえておきましょう。

・最初に「座右の銘」をはっきり述べる
・なぜその言葉が「座右の銘」なのか、理由を述べる
・その言葉を「座右の銘」にする動機となるエピソードを伝える
・可能であれば、志望動機に結び付けた内容を述べる

上記のポイントを押さえた面接での使用例は以下のようなものです。

「あなたの『座右の銘』は何ですか?」
「私の『座右の銘』は、スティーブ・ジョブズの『Stay hungry,stay foolish』です」
「なぜその言葉なのですか?」
「私は新しいこと、面白いことを考えるのが好きで、高校・大学でも文化祭やサークル活動、アルバイト先などでいろいろな企画を考えてきました。
この言葉を知ったのは大学生のときですが、既成概念にとらわれず新しいことに取り組みたい自分に、ぴったりな言葉だと思い『座右の銘』にしました。
御社ではこの座右の銘の通り、いろいろと企画を出して新しいビジネスにチャレンジできると考え、志望いたしました」


このように、「座右の銘」とした「Stay hungry,stay foolish」というフレーズと、「自分が企画やアイデアを出すのが得意だった」という経験を、きちんと結びつけると説得力が増しますね。その上で、この会社を志望した動機に言及できれば、会社が必要としている人材であるということをアピールできます。

まとめ

「座右の銘」は自分の考え方や行動の軸になるものを簡潔に伝えることができる便利なもの。履歴書に書いたり、面接で使えたりする以外にも、SNSなどのプロフィールに書けば自分らしさをアピールをすることもできます。その際は、どんな言葉を「座右の銘」にしてもいいですが、自分の考え・性格などに合致しているものを選ぶことが大切。また、人に聞かれたらきちんと説明できるように、読み方や意味をしっかり覚えておくことも重要です。

「座右の銘」がないという人は、簡単な質問に答えるだけでおすすめの座右の銘を診断できる診断テストもご用意。ぜひチェックして参考にしてみてくださいね。

就活に役立つ! 座右の銘診断

(文・藤野晶@dcp/編・イマーゴ)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]