新入社員が入社式までに身につけるべきマナーTop10! 先輩社会人の本音は?

2017/12/29

入社式

来春入社予定の内定者のみなさんは、今はなにをして過ごしていますか? 大学の授業や卒論に励んだり、最後の思い出作りに友達と遊んだり、やることはたくさんありますよね。でも、できれば入社前に社会人生活に向けてある程度のマナーは身につけておきたいもの。今回は若手社会人のみなさんに、新入社員が入社式までに身につけるべきマナーについて聞いてみました。先輩社会人たちの実体験を踏まえた、本当に身につけておくべきマナーとはいったいどんなものなのでしょうか。

▼こちらもチェック!
ビジネスメールの基本マナー! メールの宛名に「ご担当者様」はOK?

■新入社員が入社式までに身につけておくべきだと思うマナーを教えてください。

1位 あいさつ 24人(9.5%)
2位 パソコンの基本操作 18人(7.1%)
3位 敬語 17人(6.7%)
4位 社会人としての身だしなみ 13人(5.1%)
5位 整理整頓 10人(4.0%)
6位 報告・連絡・相談 8人(3.2%)
7位 タイムマネジメント 7人(2.8%)
7位 電話対応 7人(2.8%)
7位 来客対応 7人(2.8%)
7位 ビジネスメールの書き方 7人(2.8%)
7位 メモの習慣付け 7人(2.8%)

社会人になると特に大切なマナーであるあいさつ。今回のアンケート結果でも、あいさつが1位となりました。さらに、次いで2位にランクインしたのが「パソコンの基本操作」。学校でパソコンを習っている現代の若者でも、Excelなど学生時代にあまり使わなかった操作は苦戦しているようです。3位の敬語や4位の身だしなみは、社会人として求められる大切なマナーです。5位以下には、整理整頓やほうれんそうなど、実際の仕事の場面で必要なスキルがランクインしていますね。

■あいさつは社会人マナーの基本!

1位のあいさつは、基本だという考えの人が多くいました。あいさつが大切な理由としては、「あいさつがちゃんとしているだけで印象が違う(女性/26歳/生保・損保)」とのこと。また、2位のパソコンの基本操作は、「入社してもあまり教えてもらえない(女性/24歳/学校・教育関連)」とあるように、基本操作から教わるつもりで入社日を迎えると苦労するかもしれません。

また、多くの社会人が「礼儀が大切(男性/27歳/警備・メンテナンス)」と実感しているなか、「思った以上に話せないから覚えておくべき(男性/26歳/金属・鉄鋼・化学)」と、苦手な人にとっては鬼門となるのが3位の敬語。

4位の身だしなみについても、やはり基本だと考える人が多く、「何はなくとも、まずできるべきことだと思う(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)」とのコメントがありました。5位の整理整頓は、「社会人には必要な力だから(男性/24歳/金融・証券)」とあるように、仕事をスムーズに進めるために心がけておきたいですね。

今回のまとめ:「あいさつ」と「パソコンの基本操作」をまずは心がけよう!

ポイント1. 入社前に身に付けておくべきマナー1位は「あいさつ」
ポイント2. パソコン操作や敬語、身だしなみも重要


あいさつは、入社前に慌てて練習しても一朝一夕には身につきません。学生時代に、日頃から心がけて、あいさつがしっかりとできるようにしましょう。パソコンの操作は、レポート等でWordには慣れているものの、Excelはせっかく習った知識を使わずに忘れてしまう人が多いようです。入社前に、復習しておくと良さそうですね。敬語や身だしなみ

も、きちんとしていると印象が良いのは、あいさつと同じです。仕事は入社してからで十分というコメントもあり、入社前は総合的な人間力を上げられるように心がけましょう。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年11月
調査人数:男子大学生98人 女子大学生163人

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

入社式の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]