【2018年版】卒業旅行におすすめの行き先Top20! インスタ映え抜群の人気スポットは?

2018/02/27

卒業旅行特集

【2018年最新版】インスタ映え抜群! 卒業旅行におすすめの行き先Top20

就活がひと段落すると、見えてくる次の楽しみは卒業旅行ですね。旅行代理店では、卒業予定の学生向けに毎年お得なツアーを販売しています。たとえばJTBの学生・卒業旅行専用商品「ガクタビ」は2017年秋に販売スタート、HISでも学生の卒業旅行の早期割引なども充実しています。早め早めの予約が絶対お得! 一生に一度の卒業旅行で後悔しないためにおすすめの行き先をお伝えします! 卒業旅行おすすめの行き先をチェックして最高の旅行にしていきましょう。

▼こちらもチェック!
【海外編】おすすめの卒業旅行の行き先と旅のコツ 行き先が決まらない大学生必見!

■おすすめの卒業旅行の行き先第1位:ハワイ

ハワイ
卒業旅行の定番といえば、安・近・短でいけるハワイ! ビーチにお買い物とオールマイティに楽しめるのが魅力です。1月第2週以降から春休みが始まる前の3月上旬まで旅行代金も比較的落ち着いているのでこの時期にできれば6泊8日など長めにステイするのがおすすめです。

ショッピングを楽しみたいなら1月2週以降に始まるバーゲンセールが狙い目。イベントを楽しみたいなら旧正月を祝う春節(2月上旬)のチャイニーズニューイヤー、3月上旬に行われるホノルルフェスティバル、スポーツを楽しみたいなら12月中旬のホノルルマラソンなど事前によく調べてスケジューリングするのもいいでしょう。

<おすすめスポット 「カイルア」>

カイルア

オアフ島ナンバーワンビーチ、カイルアビーチパークはワイキキから車で30分。海の青さ、砂のキメの細かさに本当のハワイの美しさを感じることができる場所です。高級住宅街が側にあるため、落ち着いていてのんびり静かに過ごせます。フードランドやスナックショップもあるので1日ゆっくりステイしてみてください。

おすすめの卒業旅行の行き先第2位:オーストラリア

オーストラリア
旅行代理店主催の「人気の卒業旅行先ランキング」上位にランクインするオーストラリアは、日本から飛行機で最短で7時間(ケアンズ)とハワイやタイとほぼ同じ距離にある国です。旅のスタイルによっては予算が大きく変化しますが、格安航空券(往復)だけでも5万円代〜(キャンペーンレートはもっと安価になる場合がある)など予算面でも魅力的な国です。

しかし、オーストラリアは日本の21倍も面積が大きい1大陸1国家。見所も多くどの都市を拠点にするか迷ってしまう人も多いと思います。都市滞在で街巡りをするならシドニー・メルボルン、ビーチリゾートを満喫するならゴールドコースト、自然を体験するなら世界自然遺産のエアーズロックにグレートバリアリーフ・タスマニアなどたくさんの名所のを中から「なにをしたいか、なにを見たいか」を考えて選びましょう。学校に在学中なら「国際学生証」を提示することで、博物館や美術館の割引を受けることもできます。ワーキングホリデーなども実施していますので、学校を卒業しても働きながら旅ができます。

<おすすめスポット「グレート・バリア・リーフ」>

グレート・バリア・リーフ
世界遺産グレート・バリア・リーフは、1万5000年前からゆっくりサンゴの成長とともにできあがったサンゴの海です。その場所は2000kmにも及び、色とりどりのかわいらしい魚が悠々と青い海の中で暮らしています。大きく広がるグレート・バリア・リーフはセクションエリアに分けられていますので、島ごとに違った景色が広がります。リゾート気分を満喫するならハミルトン島でのステイがおすすめです。

おすすめの卒業旅行の行き先第3位:カンボジア(アンコールワット)

カンボジア(アンコールワット)

日本からカンボジアへ向かい世界遺産を見る旅は、学生たちにも最近徐々に人気となっています。アンコールワットがあるシェリムアップの街も、観光客の増加で急速にホテルやレストランが増え、観光地らしく発展しています。

日本からの旅のスケジュールは、直行便はなくベトナム航空や日本航空、全日空でハノイ、プノンペン、ホーチミン、バンコクを経由してシェムリアップに入るツアーが多く、内容もフリープランからガイド付きのアンコールワットを隅々まで見学する長期滞在プランまでいろいろあります。

<おすすめスポット 「タ・プローム」>

タ・プローム

カンボジアの神々が集う場所、世界遺産 アンコール・ワット(アンコール遺跡群)はクメール民族のアイデンティティ的な存在です。世界遺産に登録されたのは1992年、遺跡だけでなく森や村も含まれるおよそ400平方kmの面積からは大帝国クメール王国の王都(現在のシェムリアップ)の独自の世界観を醸し出しています。

特に時間をかけて見てほしいのは、タ・プロームという樹木と寺院が年月をかけて一体となってしまった建物です。苔生し、木が絡みつく寺院は今まで見たことのない光景で、自然の生命力と時の流れを目視で確認できるスポットです。

おすすめの卒業旅行の行き先第4位:アメリカ(ロサンゼルス)

アメリカ(ロサンゼルス)

アメリカロサンゼルスには、ディズニーランド・リゾートやユニバーサルスタジオハリウッドなどのテーマパークや、ダウンタウンにあるグラミー博物館やリトルトーキョーなど卒業旅行にぴったり! みんなではっちゃけられる場所がたくさんあります。

また、サンタモニカやロングビーチなどの有名ビーチスポットや、ロデオドライブやビバリーヒルズのショッピングエリアも充実していているため、1都市滞在で遊び尽くせます。

飛行機も各航空会社、毎日東京(成田・羽田)、大阪から直行便が運行されていて、自分の都合に合わせて出発日を選ぶことができます。

ロサンゼルスは、旅行する目的別に旅行代理店企画のお得なパッケージ商品(飛行機代、宿泊代込み)が多く出ているので、吟味して選びましょう。日本からはフライト時間が約10時間ですが、時差ボケなどは個人差がありますので注意してください。

<おすすめスポット「サルベーションマウンテン」>

サルベーションマウンテン

今、カメラ女子の間で話題のカラフルなアートスポット「サルベーションマウンテン」は、ロサンゼルスの砂漠の真ん中にあり訪れると不思議とhappyになれると話題の場所です。突如砂漠に現れたマカロンカラーでキュートなオブジェは、色彩鮮やかでかわいすぎる、と話題となり、「God is love」をバックに撮影するインスタ女子が急増中。日本からもたくさんの画像がアップされていますよ。サルベーションマウンテン観光 には世界最大級の デザートヒルズ・アウトレットショッピングツアーを合わせて観光することがおすすめです。

おすすめの卒業旅行の行き先第5位:イギリス

イギリス

日本と時差9時間のイギリスは、日本から直行便で12時間(ロンドン)の場所にあり、ヨーロッパ旅行初心者でも比較的過ごしやすい国で卒業旅行でも人気の渡航先となっています。特にロンドンは街歩きがおすすめで、伝統的なバッキンガム宮殿やロンドン塔、タワーブリッジに緑多いハイドパーク公園、ストリートマーケットなどを散歩しながら観光できるのが嬉しい街です。中でも大英博物館やナショナルギャラリーなど入場料が無料の場所があり、お財布に優しい観光地、とも言えます。

<おすすめスポット「レドンホール・マーケット」>

レドンホール・マーケット

ロンドンで最古の市場とも言われている「レドンホール・マーケット」は映画「ハリー・ポッターと賢者の石」のダイアゴン横丁、魔法道具店「Diagon Alley」のロケ地で知られています。屋根付きの市場にはレストランやPUB、美容院、衣料品店などが並び、建物の美しさとそこに暮らす人々の日常を感じられることができます。レドンホール・マーケットはザ・シティ(City of London)、世界一の金融街にあるので、スーツ姿の男性がたくさんビール片手に話しています。

次のページおすすめのスポットは?

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

  • 旅の手引き
  • 旅の裏ワザ
  • 卒業旅行なんでもランキング
  • 旅で見つけた宝物



1位 イギリス >>人気スポットをチェック
2位 イタリア >>人気スポットをチェック
3位 フランス >>人気スポットをチェック

ランキングをもっと見る



シンガポールで見つけた!旅の宝物
近代的な街並みとディープなアジアの雰囲気両方を楽しめるシンガポール! そんな国を巡って先輩が見つけたものとは?

先輩の体験記をチェック



HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 旅の手引き
  • 旅の裏ワザ
  • 卒業旅行なんでもランキング
  • 旅で見つけた宝物

卒業旅行特集の人気記事ランキング

  • 卒業旅行特集

    ピックアップ [PR]