プライオリティの意味とは? ビジネスシーンでの使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】

2018/03/04

ビジネス用語

プライオリティ「priority」とは優先順位や優先権という意味があります。ビジネスシーンにおいてもほぼ同じ意味で使われますが、得に優先順位をあらわすときに使用されます「この案件はプライオリティを高めでお願いします」、ビジネスシーンの中で使われる「プライオリティ」というビジネス用語。プライベートでもビジネスでも頻繁に聞かれるようになりました。今回はそんな「プライオリティ」の意味と実際の使い方について紹介。ビジネス用語でよく使われる用語を理解していないと、会話がすれ違ってしまうことも。改めて「プライオリティ」の意味と使い方を確認してみてください。

こちらもチェック!
ビジネスに欠かせないキーワード! シナジーの意味と使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

■プライオリティの意味とは?

「プライオリティが高い仕事」は優先順位の高い仕事になるため、優先的に早く片付ける仕事、反対に「プライオリティが低い仕事」は、今すぐには手をつけなくてもいい、後回しにしてもいい仕事という意味で使われることが多いです。

普段仕事をしていると、緊急性が高いことに追われがちになってしまいますが、長い目で見て何が大切か、何に重きを置いて考えるか、行動するか、その重要度や緊急度のことを指しています。

他にも「プライオリティ」はビジネスシーンでよく使われる言葉ですが、空港のラウンジ使用、電車の席、クレジットカードの優待などにも「優先的な立場」として表示されていることもあります。

■プライオリティの使い方

先ほども説明しましたが、プライオリティの使い方としてはプライオリティが高い、低いで表現されます。プライオリティの高い業務と言われれば、即座に対応し、注意も万全で望む必要があります。ただ注意しなければならないのは、プライオリティが高いからといって必ずしも本質的に重要度の高いものとは限らないことを認識しておきましょう。

また優先権の場合は、優先的に扱われるという意味で、企業の入札や交渉などで、この会社に優先権がある、我が社は優先権があるという使い方をします。

■プライオリティの例文とは?

実際のビジネスシーンでどのように使われるかを例文でご紹介します。 業務の中では以下のように使われます。

・この案件はプライオリティ高めで対応してください。
・毎月の業務はプライオリティを考えて進めなければならない。
・このタスクはどのくらいのプライオリティがありますか?
・プライオリティが低い仕事なので後回しにした。

これはプライオリティは低い、そんなに高くないという言い方をされたら、ほかに優先すべきことがあることが含まれていることに気づけることが大切です。

交渉や入札の際には以下のように使われます。

・やっと交渉のプライオリティを得ることができた。
・この会社にプライオリティを置くことに決める。

いかがでしたか? 「プライオリティ」のようなカタカナのビジネス用語はどんどん増えていますが、ビジネスシーンだからといって誰もが理解しているものとは限らないので自分で使うときは注意が必要です。意味と使い方をしっかり理解しておけば、仕事中に聞いたときの意思疎通がスムーズになるでしょう。

▼よく使われるビジネス用語の意味をチェック!

○「フィードバック
○「リマインド
○「イノベーション
○「デフォルト
○「バッファ

文:学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集





    ピックアップ [PR]