「今の君たちはまだ夜明けだ」「気は小さく、強く持て」大人になった今でも、心に残っている「先生のお話」

2015/05/03

社会人ライフ

■これはこれで、思い出深い!?

・結婚したばかりの高校の先生が、奥さんとのノロケ話を授業中にずっと話していたこと。おかげで授業が潰れるので、ラッキーと思った(男性/30歳/学校・教育関連)

授業のたびに話が脱線する先生。私の母校にもいました。

■切れない絆

・「同じ空の下にいるから、困ったらすぐに相談して下さい」と担任に言われた。つながりが切れるわけじゃないんだな、とホッとした(男性/26歳/農林・水産)

毎年、生徒が入れ替わっていく学校。でも、先生たちにとって、送り出した生徒はいつまでも生徒なんでしょうね。

■今でも実践!

・「ちゃんと相手の顔を見て話せ」。話すときは思い出して、気をつけている(女性/34歳/商社・卸)

コミュニケーションの基本中の基本ですが、なかなかキチンと指摘してくれる人はいません。

■今を......これからを生きろ!

・「今が一番若い。今より若い自分は、これからはない。いつも若いと思っていけ」。年齢にとらわれず、前向きに生きろと言う意味だと思う(女性/41歳/マスコミ・広告)

年齢を重ねるほど、身に染みそうな言葉です。

■先生の真面目な顔

・「楽しいと、楽(らく)は違う」。いつもはふざけたことを言うような担任の先生だったけど、最後は真面目なことを言ってくれた(女性/27歳/印刷・紙パルプ)

普段ふざけている先生ほど、真剣な言葉が心に響きやすいのかも。

■うちの奥さんは......

・体育の授業のとき、先生の奥さんの話で「冬になると、かならず新しいスキーウエアを買うんだ。ときには形から入ることも大事」。新しいことをはじめるときは、新しい服を身につけるようにしている(女性/33歳/その他)

先生の「奥さんに対する愚痴」のようにも取れますが......。生徒がプラスに受け止めて、大人になってからもその話が役立っているなら、先生も話したかいがありましたね。

生徒と先生にも相性はありますので、中には「良い先生との出会いに恵まれなかった......」と感じている人もいるでしょう。しかし、大人になってから言葉の意味がわかってくるというケースもあるはず。久しぶりに卒業アルバムを開いて、当時のことを思い出してみてはいかがでしょうか。

文・OFFICE-SANGA 森川ほしの

調査時期:2015年3月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人417人(インターネットログイン式アンケート)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]