そこで何が行われている!? アメリカにある秘密基地5選「エリア51」「ダルシー基地」

2015/03/22

社会人ライフ

■北米の空を守れ! 『シャイアン・マウンテン空軍基地』

コロラド州コロラドスプリング近郊の山中の地下にある秘密基地です。山をくりぬいて造られており、冷戦期には『NORAD』(North American Aerospace Defense Command:北アメリカ航空宇宙防衛司令部)に指令センターがありました。

つまり、アメリカの防空を指揮する中枢がここにあったのです。現在では非効率ということで「保管状態」にあります(いつでも使えるようにしている)。近くで核爆発が起こっても耐えられる設計になっているそうです。

■『ダグウェイ実験場』

ユタ州ソルトレイクシティの南西130kmの砂漠の中にある秘密基地です。1942年、アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトの指示で造られた施設で、ここでは生物兵器、化学兵器を用いた攻撃からどのように軍を守るか、防疫に関する実験が行われているといわれています。

しかし、兵器転用が可能な炭疽(たんそ)菌の開発・生産がこの基地で行われていたと『ワシントンポスト』紙が報じるなど、何かと物騒な秘密基地であることは確かです。

■本当にあるのか!? 『ダルシー基地』

今回紹介する中で場所がどこだか分からない秘密基地はこの『ダルシー基地』だけです。オカルト話によりますと、『ダルシー基地』は、コロラド州との州境に近いニューメキコ州の「ダルシー」(Dulce)という町の地下にあり、アメリカと宇宙人によって共同運営されているというのです。

地下実験場ではエイリアンのテクノロジーを用いたさまざまな実験が行われているというのですが......本当ならぜひ見てみたいものです。

ちなみに、地震兵器などのうわさがあったアラスカにある『HAARP』は電気が止まっていまして、もう稼働していないようです。もちろん地震兵器なんてものは存在しませんのでご安心ください。

いかがだったでしょうか。本当の秘密基地はずっと秘密のままなのかもしれませんね。一般のうわさ話になるようでは秘密基地とはいえないのかも......。

(高橋モータース@dcp)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る