「ありのまま」の自分を愛してもらうテクニック「思ったことは溜め込まない」「自分が相手の価値観を認める」

2015/01/13

社会人ライフ

「ありのまま」の自分を愛してもらうテクニック「思ったことは溜め込まない」「自分が相手の価値観を認める」

人の前で無理に自分を作ってしまうと、後々自分が苦しくなりますよね。本当はいつも自然体でいたいし、ありのままの自分を認めてもらいたい。そう思いつつも、好きな人からよく見られたいという欲が無意識のうちに働いてしまうのも事実。「ありのまま」の自分を愛してもらうにはどうすればいいの? 女子大生に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
私の恋愛パターンっていつも一緒かも!? 「一人で悩んで、一人で疲れて逃げる」「マンネリ化してしまって自然消滅」

Q.恋人や好きな人によく見られようと、自分を偽ってしまうことはありますか?

はい......92人(42.8%)
いいえ......123人(57.2%)

「はい」と回答したのは半数以下。でも、無意識でやってしまっている場合も含めたら、実際はもっと多いはず。みんなはどのように偽ってしまうのでしょうか?

■趣味バレはこわい

・漫画やアニメなど、興味のないふりをする(女性/22歳/マスコミ・広告内定)
・特定のミュージシャンの追っかけをするほどの熱心なファンだが、その活動については秘密にしている(女性/24歳/医療・福祉内定)

たかが趣味といえど、それは自分を形成する大切な一部。でも、彼が嫌がるなら言いにくいですよね。

■家庭的アピール

・食事のとりわけなど気を配る(女性/22歳/その他内定)
・家事があまり得意ではないのに、なんでもやろうとしてしまう(女性/23歳/情報・IT内定)

将来を意識して、ポイントを稼いでおきたい! その気持ち、わかります。

■相手に合わせて......

・自分が年上だったから、余裕のあるように見せていた(女性/22歳/学校・教育関連内定)
・普段は姉御肌のしっかり者で通っているが、彼氏の前ではついつい幼稚な言動を取ったりして甘えてしまう(女性/22歳/医療・福祉内定)
・自立している人に見られたいためにうまく甘えられず強気な女を演じてしまう(女性/21歳/情報・IT内定)

自己演出するのは悪いことではないけれど、無理がたたると苦しくなってきそう......。

みなさん、いろんな事情で自分を作ってしまっているんですね。そんな状況に疲れていませんか?

Q.素の自分を出せない状態に疲れてしまうことはありますか?

はい......61人(66.3%)
いいえ......31人(33.7%)

自分を偽っていると疲れる、と回答した人がおよそ3分の2。疲れないと回答した人は、偽っている自分もまた自分自身には違いないのだと割り切っているのかもしれません。

それでは、ありのままの自分を愛してもらうには、どうしたらよいのでしょうか? そのテクニックを聞いてみました。

■ちゃんと伝えてみたら?

・自分の考えを感情的にならずに伝えるようにする(女性/25歳/建設・土木内定)
・思ったことは溜め込まずに、ちゃんと表現だけ気を付けて伝えること(女性/22歳/団体・公益法人・官公庁内定)

好きな人に自分の考えを伝えるのは難しい。でも、感情的になったり、相手を否定するような言い回しをしないように気をつければ、きっとわかってくれるはず。

■大好きなあなただから

・中途半端に好きな人には無理して近づかない(女性/23歳/金融・証券内定)

本当に好きな相手となら、最上の愛を求めるために頑張れます!

■まずは自分から

・自分が相手の価値観を認める。それによって私は私、あなたはあなた。という関係性になれる(女性/24歳/団体・公益法人・官公庁内定)

ありのままの自分を愛して欲しいなら、まずは自分がありのままの相手を受け入れないと!

好きな人によく思われたい。そんな健気な動機から、つい自分を作ってしまうことは誰にでもありますよね。スタートはそこからでもいい。けれども、いつかお互いがありのままの自分を相手に許容してもらえるような関係になれたら......。最高の幸せはきっとすぐそこにありますよ。

文・OFFICE-SANGA 相羽亜季実

調査時期:2014年12月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:女子大生215人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]