「返信せずにtwitter更新」「彼氏が3日既読スルー」LINEの返信頻度にイラッとしたこと

2014/10/29

社会人ライフ

「返信せずにtwitter更新」「彼氏が3日既読スルー」LINEの返信頻度にイラッとしたこと

無料でメールや通話がたのしめる、LINE(ライン)。メッセージを読んだことを知らせてくれる既読機能や、数人で会話がたのしめるグループ機能など、その便利さから、クラスやサークルの連絡網として利用している人も多いようです。

しかし、便利な反面「既読がついたのに返信が来ない!」などのイライラの元になっているのもたしか。今回は、LINEを使用している大学生240人に、返信がこなくてイラっとした経験や、まわりのスピードについていけずに困った経験を聞いてみました。

▼こちらもチェック!
メールやLINEを上手に切り上げる方法「電池切れそう」「未読スルー→寝落ちしてた」

なんで返信くれないの? 返信の遅さに不満!

■要返信のメールに返信がない

・委員会の連絡で、「読んだら返信して」と送っていても、既読をつける人だけが増えていって、返信がなかったときはイラッとした(女性/22歳/団体・公益法人・官公庁業界内定)
・予定を決めなきゃいけないのに、連絡がこなくて話を進められなかった(女性/21歳/団体・公益法人・官公庁業界内定)
・花火大会の予定を決めるための連絡をしていたが、途中で返信がなくなり、花火が終わってから連絡がきた(女性/23歳/情報・IT業界内定)

■事故!? 反応がこなくて心配に

・既読が付いてからあまりにも返信が遅いと、何かあったのかと心配になる(男性/22歳/生保・損保業界内定)
・彼氏が3日も既読にもしなくて、生きているのか心配になった(女性/22歳/アパレル・繊維業界内定)

■返信ナシ。だけどSNSは更新アリ。

・LINEの返信が来ないのに、他のSNSを更新していたりすると、「なんで?」と思ってしまう(女性/22歳/建設・土木業界内定)
・LINEにはいつまでたっても返事をくれないのに、Twitterは更新。つぶやいている暇があったら返事をください!(女性/22歳/食品・飲料業界内定)

決め事をしているときに返信がこないと、話が進まず、イラだってしまうことも。電話をすればいいのかもしれませんが、学校の時間帯だったり、夜遅かったりすると、なかなかそうもいきませんよね。とはいえ、相手が気づいていないことも十分あり得るので、重要な用がある場合は、携帯に着信をいれるのがベストでしょう。

こちらの都合も考えて!LINEの頻度に困った経験

■返信のペースが早い

・急ぎの案件でないかぎり、返信は自分のペースで行っている。それにも関わらず、早い返信を求める人間はあまり好きではない。そんな奴とはLINEしないよう避けている(女性/24歳/医療・福祉業界内定)
・返信頻度が早くてイライラする。そんなに会話がしたいなら電話してほしい(女性/21歳/学校・教育関連業界内定)
・友達からの返信が異様に早く、いつも携帯ばかり見ているのかと少し怖くなった(女性/20歳/ホテル・旅行・アミューズメント業界内定)

■皆の会話についていけない

・グループのトークについていくのが面倒になったことがある(女性/21歳/金融・証券業界内定)
・3人以上だと、通知が頻繁すぎて開くのが嫌になる(女性/23歳/機械・精密機器業界内定)
・グループLINEで、自分が話した内容に対する皆の反応があまりにも早いと、正直焦ってしまう(男性/22歳/生保・損保業界内定)

■眠れない...。夜中の通知

・友人に深夜に「暇。今起きてる?」とLINEで起こされたときは困った(女性/21歳/小売店業界内定)
・まわりの返信が早すぎていつまでも会話が続き、結果夜中になり、生活リズムが崩れた(男性/22歳/不動産業界内定)

■LINEの内容にイラッ

・忙しかったけれど、返信を待っているだろうと思い返したら、「暇だね」と言われた(女性/22歳/マスコミ・広告業界内定)
・大量のスタンプを送ってくる人がいた(女性/30歳/不動産業界内定)
・勉強しているとき、付き合ってもいない相手から「連絡が遅れるときは事前に教えてほしい」と言われた(女性/22歳/団体・公益法人・官公庁業界内定)

返信の遅さに不満を感じる人がいる一方で、LINEの頻度についていけず、お困りの人たちも。夜中に何度も通知音が鳴ったり、連続で無意味にスタンプを送られてきたりと、疲れているときや忙しいときにたくさん通知がきて、気疲れしてしまう人も多いようです。親しき仲にも礼儀ありと言いますが、相手の都合を考えず、好き勝手なことばかりしていると、そのうちブロックされてしまうかも!?

いかがでしたか? 気軽にやりとりできるのがLINEの良さですが、人によって返信のタイミングはまちまち。既読スルーや返信が遅い場合だけでなく、早すぎるレスポンスも人によってはストレスになるようです。相手の返信速度に合わせたやりとりを心がけることが、LINEでのトラブル発生を防いでくれそうですね。

文●ロックスター

調査時期:2014年10月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:大学生内定者500人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]