「むしろいつもグッタリ」「周りの目を気にしすぎ」。女子大生の理想「キラキラ20時退社」に先輩女子社員は何を思う

2013/11/30

対人マナー

「むしろいつもグッタリ」「周りの目を気にしすぎ」。女子大生の理想「キラキラ20時退社」に先輩女子社員は何を思う

「定時上がりは罪悪感があるのである程度残業もするけど、プライベートを充実させられる20時には退社する」という、そんな社会人ライフスタイルに憧れる女子大生の増加が話題になっています。NEWSポストセブンにて配信された記事で、作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が「キラキラ20時退社」という言葉で解説していますが、実際彼女たちを後輩として向かえる立場である先輩女性社員たちは、この考え方をどう感じているのでしょうか? 働く女性488人に聞いてみました。



「キラキラ20時退社」という考え方に共感しますか?

する...33.0%

しない...67.0%



約3割が「共感する」と回答しましたが、大多数は「共感しない」とのこと。「キラキラ20時退社」という考え方をする女子大生をどう思うか、具体的に聞いてみました。



【すごくいいと思う!】

・仕事以外にも自分の趣味や友人付き合いを大切にしていて素敵だと思う(29歳/団体・公益法人・官公庁)

・とても良いと思う。プライベートが充実すると、仕事もはかどるだろうと思う(30歳/ソフトウェア)

・仕事にもプライベートにも前向きな印象があり、いいと思う。(26歳/運輸・倉庫)

・遅くまで働き続けても体を壊してしまうし、プライベートも仕事も大事にしてほしい(30歳/不動産)



【現実はそんなに甘くない!】

・学生気分が抜けていないと思う(26歳/医薬品・化粧品)

・社会人に夢を見すぎだと思う(27歳/金融・証券)

・自分も学生時代は同じような考えでいたから理解できる。でも理想と現実は違う(29歳/金融・証券)

・考えが甘いと思う。結婚したら仕事を辞めるスタンスの女子に多そうな傾向(23歳/金属・鉄鋼・化学)

・理想と現実でつぶされなければいいなと思う(29歳/生保・損保)

・毎日終電まで残業している(25歳/マスコミ・広告)

・20時退社だがキラキラではない。むしろいつもグッタリ(27歳/金融・証券)



【仕事ナメてるのか!?】

・仕事をナメきっているのでイラつく(26歳/情報・IT)

・中途半端な気持ちで仕事をしているようにも思える。(27歳/金融・証券)

・いいと思うが、プライベートの充実だけでなく仕事の充実もめざしてほしい(29歳/情報・IT内定)

・プライベートをわざわざ平日の夜に充実させる必要はまったくない。平日は仕事の日と割り切って休日をフルに使って充実させればいいし、本当に輝いている人はそうしている。休日に昼まで寝るような人なら平日を充実させるのも無理、諦めるべき。(31歳/小売店)



【なんでムダな残業するの?】

・ムダに残る必要はない。新入社員のうちは早く帰ってプライベートも充実させておくべき。求めずともじきに責任ある仕事を任されて帰れなくなってくる(25歳/電機)

・そもそも定時に上がることに罪悪感があること自体が社畜だと思う。そこに気付いてほしい。(26歳/農林・水産)

・それでプライベートが充実できると思うのであればいい。ただ、私には20時退社がプライベートの充実とは思えない(29歳/医薬品・化粧品)



【いいと思うけど公言するのはやめとけ】

・私にとっても理想の働き方なので共感する。ただし、それを前面に出すのは人間関係を保つ上で不利(40歳以上/学校・教育関連)

・仕事もプライベートも充実させると心の中で誓って、どちらも真剣に取り組む姿勢は大事だと思う。ただ、職場にはいろんな考え方の人がいるので、口に出すのは好ましくないと思う(28歳/建築・土木)



【他人の目を気にしすぎ】

・仕事をしたくてしているのではなく、周りの目を気にしているだけ。楽しくないと思う(34歳/団体・公益法人・官公庁)

・周りの目を気にしている姿勢が気に入らない(30歳/情報・IT)

・自分に都合のいいように、人からよく見られたいだけ。定時退勤希望者とあまり変わりはなさそう(33歳/小売店)



【いまどきの若モンですね】

・入社前にすでにバランスを考えているところが、悟っている現代っ子ぽいと思う(27歳/学校・教育関連)

・アフター5とか言っているよりは現実が分かっているようで、浮かれすぎない「いまどきの子」かなという気がする。でも入る会社によってまったく変わってくるから......。まぁ理想を言えるのも入社するまでだから、それはそれでいいと思う(40歳以上/金属・鉄鋼・化学)



【ちょっと自分勝手なのでは】

・責任感があるように見えて、中途半端な考えの持ち主だと思う。しっかり定時に上がることをめざして一生懸命仕事をするのではなく、最初から20時ごろに退社することを見越しているので、結果的に非効率的な働き方しかできなさそう(24歳/小売店)

・自分のライフスタイルのことしか考えてないと思う。早く帰れるかどうかはその人の能力にもよる部分があるから。はっきり勤務時間を決めたいなら派遣社員になるべき(33歳/製造)



賛否両論ありましたが、否定派の主流意見としては大きく2つ。まず、「むしろ残業前提の考え方が間違っている」というもの。定時に仕事が終わるように計画的に仕事をするのが第一であって、人の目を気にしながら打算的に残業をするのはいかがなものかというのが、みなさんが強く感じたことのようです。もうひとつは、「現実はそんなに甘くない」というもの。今はそんなこと言っていられるけど、実際働き始めたら分かるのでは? という達観した意見が多く寄せられました。



働き方は自分で決めるものですが、仕事をしたいのであればまずは一生懸命業務に取り組んで、効率的な方法を自分で模索していくのが先決。プライベートや自分のことだけ考えて、くれぐれも「キラキラ新人ちゃん」なんて先輩から呼ばれないよう、気をつけましょう。



文●うすこ



調査期間:2013年11月

アンケート:フレッシャーズ調べ

集計対象件数:社会人女性488件(インターネットログイン式アンケート)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]