コミュニケーション力UP 上手な人間関係の築き方

2013/09/17

対人マナー


苦手意識を克服するには?

どんな仕事でも、苦手な人と関わる可能性は常にあるものです。苦手な人から逃げていたのでは、いつまでたっても状況がいい方向へ変わることはありません。

自分が相手へ対する苦手意識を持ってしまった場合

自分はその人に対して、必要以上の先入観や偏見を持ってはいませんか?
きちんとその人と向き合って対話してみましたか?
苦手な人と対面する時、人は表情、態度、声色にその反応が出てしまうもの。相手の態度は自分を映す鏡でもあるのです。

自分からまず、苦手な人へ対する態度を改めてチェックしてみましょう。そして、相手の存在を肯定し、意見をよく聞いて逃げずに意見を交わしていくことによって、相手もきっと心を開いてくれるはずです。

もし、心にわだかまりがある場合には、相手の存在まるごとを全否定するのではなく、まず相手の考えを認めましょう。そして問題点のみをピックアップしておだやかに伝え、上手にコミュニケーションしていくことによって、苦手意識を改善し、会社での人間関係構築へ生かしてくださいね。

反対に、苦手な方に意識を持ってしまった場合

本来、仕事と感情論は別なものです。(とはいえ混合される方がいるのも現実ですが) どうすればスムーズに仕事が進むかを冷静に判断して、不快な感情に左右されないように礼儀正しく接していきましょう。
どう考えても理不尽な状況に陥った場合は、直属の上司や先輩などへ相談してみましょう。その際は、自分の感情論はなるべく抜き、客観的に、「自分のどこが悪かったのか」 「相手にどうなってもらえばいいのか」 ということを話し合えるように頑張りましょう。

人間関係が仕事へ与える影響は意外と大きいものです。「第一印象は悪かったけど、話をしたらいい人だった」 そんなこともよくあるもの。誤解から苦手意識を生み出さないように、また、子供っぽい感情で人を傷つけないようしましょう。

内定者同士はもちろん、会社の上司や先輩ともよい人間関係を構築できるように、改めて自分の行動を見つめ直してみてください。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る