2020年03月11日 更新

プチプラアイテムを使った、大人ガーリーなお部屋がセンス抜群!

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、都内で暮らすkanagram_roomさんのお部屋。大人かわいい空間ですが、実はプチプラアイテムを上手に活用。写真も参考に、お気に入りのアイテムやインテリアをチェックしていきましょう。

kanagram_roomさんのお部屋は、白とグレーを基調にした8畳1K。高見えアイテムを取り入れ、プチプラながら品のある空間にまとまっています。インテリアこだわりやアイテム選びのヒントまで、詳しく教えてもらいました!
kanagram_roomさん

1K8畳

https://www.instagram.com/kanagram_room/

高見えするプチプラアイテムも! マネしたいアイテムを紹介

kanagram_roomさんが暮らすのは、8畳1Kの白を基調としたガーリーなお部屋。部屋のテーマは「海外の女の子の部屋」。甘さと大人っぽさのバランスが絶妙で、キュートさの中に品のある、大人かわいい空間に仕上げています。

かわいくなりすぎないように、白の中でもオフホワイトのアイテムをセレクト。さらに、くすみピンクやむらさきのアイテムを差し色に入れることで、上品な印象を演出しています。
さっそくこだわりのアイテムをチェックしていきましょう。

存在感抜群の照明カバーで部屋の世界観を確立

こちらのお部屋で特に印象的なのが、タンポポをモチーフにした照明カバー。
kanagram_roomさん

イケアで発見した日から、一人暮らしをしたら絶対ゲットしようと狙っていました。取り付けるだけで部屋の雰囲気が大きく変わって、今や部屋のシンボルに! 掃除が手間かと思いましたが、さっと拭くだけでOKと意外と楽ちん。とっても気に入っています

kanagram_roomさん

夜はライトの影が部屋中に映ってさらにいい感じ。暖房の風があたると、影がゆらゆら揺らめいてとっても落ち着くんです。最初は明るさが暗めだったので、最近電球を交換して明るさの調整をできるようにしました

部屋の世界観を徹底したいなら、照明に注目してみるのがおすすめ。カバーの色や形、ライトの色や明るさなど、とことんこだわってみてはいかがでしょうか。

ベッド周りはクッション&ぬいぐるみでキュートに

kanagram_roomさん

“ベッドはクッションに囲まれたい”という願望を叶え、枕元にはたくさんのクッションを配置。子供部屋のベッドみたいにしたくて、64㎝あるコストコのくまのぬいぐるみ(3,300円)をはじめ、象のぬいぐるみや羊の抱きまくらなど、ぬいぐるみも揃えました

クッションカバーはすべてFrancfrancで購入。同じアイテムを同じカラーで揃えると、重くなったりのっぺりした印象になってしまうリスクが。kanagram_roomさんのように、素材や形、色味が絶妙に違うものをセレクトして、メリハリのある上級コーデを目指しましょう。

シックなカラーのカーテンで大人っぽさをプラス

ベッドがキュートな分、カーテンはシックにしてバランスを調整。楽天で購入したアイスグレーのカーテンが爽やかかつ落ち着いた色合いで、部屋全体の雰囲気を引き締めてくれています。
kanagram_roomさん

遮光で質もいいうえ、2,990円とリーズナブル。カラーも部屋になじんでいて、いい買い物ができました

好きな写真やイラストを飾った、元気をもらえるフレームコーナー

イケアのフレームボード(2,747円)には、ドライフラワーや好きなイラスト、プリントアウトした写真などを飾り付け。
kanagram_roomさん

ゴールドのフレームが高級感があって◎。ライトはイケアのアウトレットで500円でゲットしました。見ていて気分の上がる、お気に入りのコーナーです

隠す収納で生活感をシャットアウト

スッキリしたお部屋にしたいなら、生活感はできるだけ隠したいところ。kanagram_roomさんは、100均のアイテムなどを駆使して生活感を排除しています。そんな収納術をレクチャー!
ごちゃごちゃしがちなコード類は、100均のフタ付きBOXの中に隠してベッド下に収納。見た目もスッキリだし、掃除も楽ちんです。
掃除が大変なので、極力物を置かないようにしているというキッチンスペース。炊飯器やケトルは、イケアで購入したワゴン(約2,000円)にまとめられています。ワゴンなら簡単に移動できてスムーズに掃除ができますね。
kanagram_roomさん

食パンはジェラピケのショップ袋に、ジャムや調味料、野菜のストックは100均のフタ付きボックスにイン。フタ付きボックスはごちゃつきを隠せるので、いろいろな場所で重宝しています

気になっていた換気口には、ダイソーのタイルシートをペタリ。
kanagram_roomさん

サイズもぴったりだし、貼るだけでかわくなって大満足。お気に入りのカードをマステで貼ったりと、周りの壁もデコレーションしてタイルシートが部屋に馴染むようにしました

まるでインテリアショップのよう!参考にしたいディスプレイ術 

kanagram_roomさんは、小物のディスプレイセンスも秀逸。Instagramなどをチェックして、日々センスを磨いているそうです。模様替えの様子も合わせて、ディスプレイとインテリアのコツを教えてもらいましょう。
イケアで購入した棚には、アクセサリーなどをディスプレイ。
kanagram_roomさん

約2,500円で購入し、ひとりで組み立てました。半年ほど前に購入したので、家具の中では新入りの部類。置くものを変えてみたり、ライトの飾り方を変えてみたり、アップグレードを重ねてて少しずつ理想に近づけています

ディスプレイのイメージは雑貨屋さん。小物入れの素材ををガラスやゴールド系で揃えることで、統一感を出しています。
キャンドルやアクセサリーなどをが並ぶチェストの上も、雑貨屋さんのようにおしゃれ! 
kanagram_roomさん

小物を飾るコツは、全体のバランスを考えること。アクセサリーが多すぎてごちゃごちゃしないように、定期的に断捨離をしています

ちょこっと気分を変えたいときは、ベッドカバーをチェンジ。ベッドカバーやクッションカバーは、手軽に部屋の印象を変えられるアイテムの代表! 今の部屋に少し飽きてきたな…というときは、試しにカバーを変えてみてはいかかですか?
気分をガラッと変えたいときは、家具を移動して模様替え。
kanagram_roomさん

思い切った模様替えができるのも、一人暮らしならでは。しっくり来なかったら元のレイアウトに戻したり、自由気ままに空間作りを楽しんでいます

今が一番いい配置だと思っていても、いじってみるともっといいレイアウトに出会えることも。心地いい空間を追求するなら、模様替えにチャレンジしてみるのもおもしろそうですね。

まとめ

kanagram_roomさん曰く、質のいいプチプラアイテムに出会うコツは、常にアンテナを張って情報収集をすること。お店でいいアイテムに出会ってもすぐには買わず他のお店をチェックすると、似たデザインでもさらに安く手に入れられることもあるそうです。予算が原因で諦めているという人も、100均のアイテムを活用したり、プチプラアイテムを取り入れればkanagram_roomさんのようなおしゃれな部屋作りは可能! アイテム選びの目を養って、ステキな空間作りを楽しんでくださいね。
※写真は全てkanagram_roomさんより提供

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

ホワイト&シンプルで明るい部屋に! 大学生の“大人かわいい”インテリア

ホワイト&シンプルで明るい部屋に! 大学生の“大人かわいい”インテリア

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、大学生のmisora_blogさんが暮らす、ホワイトインテリアの大人かわいいワンルーム。写真も参考に、インテリア例やお気に...
とりぐら編集部
2020.03.18
モノを減らして、ナチュラルで爽やかな一人暮らしを満喫!

モノを減らして、ナチュラルで爽やかな一人暮らしを満喫!

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、mariaroomjapanさんが暮らす、ホワイトインテリアとグリーンの調和が美しいワンルーム。写真も参考に、季節のインテ...
とりぐら編集部
2020.03.11
ナチュラルホワイトなお部屋! 骨董品と新しい物をセンスよくMIXした1DK

ナチュラルホワイトなお部屋! 骨董品と新しい物をセンスよくMIXした1DK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1DKに暮らすeden_bbrさん。アンティークの家具などの古いもののなかに、流行のアイテムを上手に取り入れています。写真...
とりぐら編集部
2020.07.10
本と古道具に囲まれた、ブックカフェのような1K

本と古道具に囲まれた、ブックカフェのような1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、7畳の1Kに暮らすaiko_0ooさん。古道具を配した部屋で、趣味の読書と手芸を楽しみながら暮らしています。写真も参考に、...
とりぐら編集部
2020.07.10
女子の憧れ! 猫と暮らす“くすみカラー”の大人ガーリーな2LDK

女子の憧れ! 猫と暮らす“くすみカラー”の大人ガーリーな2LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、2LDKを自宅兼サロンとして利用している_asamichan_さん。くすみカラーのおしゃれなインテリアに囲まれた部屋で、2...
とりぐら編集部
2020.04.24

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた