「カンスト」ってどういう意味?使い方もあわせて解説

ナレッジリンクス
2018/10/04
学生トレンド
あとで読む

「カンスト」という言葉を知っていますか?ゲームではよく使われていますが、ゲームをしない人の中には知らない人もいるでしょう。ここでは「カンスト」について、意味や使い方を解説します。

「カンスト」の意味

「カンスト」ってどういう意味?使い方もあわせて解説

「カンスト」とは、「カウンターストップ」という和製英語です。英語ではありませんので、外国では通じません。カウントが上限に達して、それ以上カウントされないことを意味しています。「カウンターストップ」が略されて「カンスト」になりました。

「カンスト」は主にゲームで使用されています。ゲームでよく遊ぶ人は見かけていると思います。スコアを稼ぐゲームで、それ以上の計測が不能な状態となると、「カンスト」の状態となり、スコアの表示が「999点」などで固定されてしまうのです。RPGなどでは「レベルカンスト」「アイテムカンスト」というカンストもあります。これらはレベルの上限に達した状態、アイテムの所持数が上限になった状態を指しています。

ゲームなどでは「カンスト」をしない状態になっているものもあります。一定の値を超えると0に戻るものや、最大のスコアの表示が数字以外になっているものがあります。

「カンスト」の使い方

「カンスト」の使い方ですが、ゲームの場合をまず挙げてみましょう。

  • ついにレベルカンストした!(キャラクターのレベルが最大になったとき)
  • スコアカンストも夢じゃないよ!(アイテムを使って点数を伸ばすとき)
  • カンストさせるまでゲームやるってすごいよね!(ゲームをやり込む友人を見て)

ゲームの場面ではないところでも使えるものを挙げてみましょう。

◎「カンスト」したのでやる気をなくした

「カンスト」を使うシーンでよく耳にする言い方です。ゲームなどをしていても使われますが、目的などを見失ったときなどにも使われています。

◎経験値がカンストしてしまった

これもゲームで使われている言い方ですが、経験値やレベルが上限になると「レベルがカンストした」「経験値がカンストした」と表現されます。「何度も敵に挑んだ結果、経験値がカンストした」「経験値がカンストしてつまらなくなった」

まとめ

「カンスト」はゲームでよく遊ぶ人なら知っている言葉ですが、ゲームもSNSもあまりやらないという人には聞いたことがない言葉かもしれません。コンピューター業界でも使われている表現なので、知っておくと有効でしょう。和製英語で意味は捉えやすいので、覚えておくと使える場所も出てくるでしょう。

執筆:melz.K
美容、就職・転職、その他さまざまな記事を執筆しているライター。クレジットカードやローンなどの記事も数多く執筆している。ライター経験は15年。本業は金融関係の仕事をしながら、兼業ライターとして活動している。ライターの仕事でさまざまな記事作成を行う中で、いろいろな知識を得ている。音楽など芸術が趣味で、時間を見つけてコンサートや展覧会に行っている。好きな音楽家のスペシャルコンサートに行くのが楽しみ。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催