ゆとり世代とはいつからいつまで? 現在の年齢と特徴を時代背景とともに解説

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

「ゆとり世代」とはいわゆる「ゆとり教育を受けた世代」のことです。かつての日本では、義務教育の短い期間の中で、膨大なカリキュラムを圧縮して教える「詰め込み教育」が行われていました。しかし、1980年度以降、数回にわたりカリキュラム内容を精査し、学習時間を減らしてゆとりを持たせるような学習指導要領の改訂が行われました。この「ゆとりある教育を受けた世代」が、ゆとり世代と呼ばれているのです。

ニュースなどでたびたび耳にするこの「ゆとり世代」という言葉。では、そもそも何年生まれからがゆとり世代に分類されるのでしょうか?今回は、どの年代に生まれた人がゆとり世代に当たるのか、またゆとり世代が生まれた時代背景、その特徴などをまとめてみました。

ゆとり世代とはいつからいつまで? 現在の年齢と特徴を時代背景とともに解説

▼こちらもチェック!

現役大学生に聞いた、自分達は「ゆとり」じゃなくて〇〇世代だ! と思うこと5選

ゆとり世代はいつからいつまで?

ゆとり世代は「ゆとり教育を受けた世代」とされていますが、実際のところ何年生まれから何年生まれまでがゆとり世代なのかは明確に定まっていません。というのも、「ゆとりを持たせる学習指導要領の改訂・実施」が1980年度、1992年度、2002年度の3度にわたって行われているからです。それぞれどのような変化だったのか整理してみましょう。

1. 1980年度のゆとり教育を受けた人

1980年度の改訂ではカリキュラムの精査や授業時間の削減が行われたほか、「ゆとりの時間」という「学校が創意を生かした教育活動を行う時間」が設けられるなどしました。初めてゆとり教育が行われたため、この時期に小中校生だった世代以降をゆとり世代だと考えている人もいます。

2. 1992年度のゆとり教育を受けた人

1992年度もカリキュラムの精査や授業時間の削減が行われ(施行は小学校が1992年、中学校が1993年、高等学校が1994年)、この年の9月から第2土曜が休みになりました。その後、1995年度からは第4土曜も休みになります。この世代からをゆとり世代とするケースも見られます。

3. 2002年度のゆとり教育を受けた人

そして2002年度の学習指導要領改訂では、小中学校の学習内容のうち3割を削減し、その分を高校での指導に回すこととなりました。またこの年から土日は休みになり「完全学校週5日制」となりました。大幅な学習内容の削減や休みの増加が、「ゆとり」の印象を強めたのか、メディアがこの教育を受けた世代について「ゆとり世代」と呼び始めました。その影響で、この年代に教育を受けた世代をゆとり世代だと考える人が一般的に多いようです。

以上を踏まえ、何年生まれの人がどのゆとり教育を受けているか、具体的に分類してみましょう。もちろん在学の途中で指導要領が切り替わり、2つのゆとり教育をまたぐこともありますので、あくまでも目安としてお考え下さい。
※早生まれの計算は省き、「年度」で表記しています。

(1)1980年度に施行されたゆとり教育を受けた人

1966年生まれから最終的な2003年生まれまでの全ての世代を、広い意味でゆとり世代と言うこともあります。ですが次の世代との区切りを設けるため、ここでは1966~1978年生まれまでの世代とします。
⇒【2021年現在では、43~55歳までの人】

(2)1992年度に施行されたゆとり教育を受けた人

1979~1986年生まれの世代。
⇒【2021年現在では、35~42歳までの人】

(3)2002年度に施行されたゆとり教育を受けた人

2002年度から2010年度まで続いたゆとり教育を受けた1987~2003年生まれの世代。
⇒【2021年現在では、18歳~34歳までの人】

と諸説あり、このうち(3)の「1987~2003年生まれの世代」をゆとり世代とする傾向が強い、と考えておくといいかもしれません。

データで読み解く、各世代間の違いや特徴

ここまでご紹介した3つの世代間にはどのような違いや特徴があるのでしょうか。

・1980年度施行期⇒ゆとり第一期
・1992年度施行期⇒ゆとり第二期
・2002年度施行期⇒ゆとり第三期【一般にいうゆとり世代】

仮にこのように名付けて、いくつかのデータを検証していきましょう。

平均年収は?

国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、2019年の平均年収は以下のとおりとなっています。

*2019年 年齢階層別の平均給与*

年齢 平均年収
45〜49歳←【ゆとり第一期相当】 499万円
35〜39歳←【ゆとり第二期相当】 445万円
25〜29歳【ゆとり第三期相当】 369万円

しかしながら年齢が上がりキャリアアップするにつれて、平均年収がその分高くなるのは当然のこと。では【ゆとり第一期・第二期】の人々が25〜29歳だった頃はどうだったのか、遡って調べてみました。

*10年前の2009年のデータ*

年齢 平均年収
25〜29歳【ゆとり第二期相当】 328万円

*20年前の1999年のデータ*

年齢 平均年収
25〜29歳【ゆとり第一期相当】 358万円

⇒データ引用元:国税庁「民間給与実態統計調査

このようにして見てみると、ゆとり第二期が25〜29歳位の頃はリーマンショックの影響もあって、特に平均年収が厳しい状況だったことが分かります。その後ゆとり第三期が同じ年齢に達する頃には、第一期の頃と同じ水準に持ち直してきています。

平均貯蓄は?

平均貯蓄に関しては20年前まで遡ることができませんでしたが、2019年度現在の平均貯蓄データを厚生労働省の「国民生活基礎調査」からご紹介します。

*2019年 世帯主の年齢階級別 1世帯当たり平均貯蓄額*

年齢 1世帯当たり平均貯蓄額
40〜49歳←【ゆとり第一期相当】 650万円
30〜39歳←【ゆとり第二期相当】 530万円
29歳以下←【ゆとり第三期相当】 179万円

⇒データ引用元:厚生労働省「国民生活基礎調査

2019年において29歳以下とは、おおむねゆとり第三期に当たります(正確には少しズレますが)。この20代は消費に対して堅実傾向といわれていますが、本格的な貯蓄はこれからといったところでしょうか。

新卒の人気企業は?

・ゆとり第一期の人気企業(1992年当時):JTB、ANA、NTT、NEC
・ゆとり第二期の人気企業(2004年当時):JTB、ANA、トヨタ、ソニー
・ゆとり第三期の人気企業(2017年当時):ANA、JTB、三菱東京UFJ、ソニー

人気企業は時代によってガラリと変わるのかと思いきや、人気のトップは常連で占められているのが特徴的です。文系はJTBやANAが不動の人気。レジャーや航空業界は「華やかさ」を兼ね備えているのが人気の秘密のようです。

理系ではソニーが人気企業の常連ですが、実は電機業界全体としては徐々に人気を落としています。代わりに人気を博しているのは食品業界。味の素などがランクインしてきていました。

ゆとり世代が生まれた背景

ゆとり世代が生まれた背景

ゆとり教育は「生徒自身で考える力を養うこと」を目的として導入されたものです。かつての詰め込み教育では、大学入試の突破を目標に、暗記メインで「とにかく知識を増やすための指導」を行っていました。それにより子どもたちの試験の点数の平均は上昇しましたが、暗記したことをすぐに忘れたり、詰め込み過ぎるあまりに授業についていけない子どもが増加するなど問題がありました。

そのため、「生徒が自分で考え、学習内容を正しく理解して覚えられる」ように、詰め込まれていたカリキュラムを精査し、授業に余裕(ゆとり)を持たせるような教育が求められました。これに従って改訂・導入されたのが1980年度からの「ゆとり教育」です。

以降、「脱詰め込み」を目指して学習指導要領の改訂が行われ、先述の通り第2土曜日が休みになるなどのゆとりある学校生活に変わっていきます。2002年度では、児童が自発的に学習を行う「総合的な学習の時間」が導入されるなど、より思考力を養うための学習内容に改訂されました。

ゆとり教育を導入した結果、子どもが自ら考える力が向上し、それぞれの個性を伸ばすことができたなどの声が一部の識者から挙がりました。しかし一方では、ゆとり教育導入後に「国際学力テスト」の日本の順位が下がったなどとして、「ゆとりを持たせたことで学力が低下した」との批判の声も少なくありませんでした。

その結果、2000年代後半にゆとり教育での授業内容や授業料を改めた「脱ゆとり教育」が掲げられるようになります。そして脱ゆとりをテーマとした新たな指導要領が、2011年度(小学生)から実施され、現在に至っているのです。

ゆとり世代の特徴

「ゆとりを持たせたことで学力が低下した」など、ネガティブなイメージのあるゆとり世代ですが、この世代には以下のような特徴があるといわれることがあります。

・仕事よりもプライベートを重視する
・指示がないと自分から動かない
・挫折から立ち直れない
・物欲がなく、物への執着が薄い
・恋愛や結婚への興味が薄い

他にも、「無気力・無関心」といった言葉で表現されるなど、ゆとり世代はマイナスの印象を持たれがちで、一部の識者からは、こうした特徴があるのは「ゆとりのある教育を受けたから」と指摘されてきました。しかし、本当にそうなのかは、脱ゆとり教育を受けた世代が大人になり、世代間の比較をしてみて、初めてわかるかもしれません。

ゆとり以外もある「◯◯世代」

ゆとり世代以外にも「〇〇世代」と呼ばれるものはいくつか存在します。中でも近年よく聞かれるものをご紹介します。

さとり世代

少し前に有名になったのは「さとり世代」。さとり世代とは「悟りを開いた僧のように物欲がないように見える人」が多い世代のこと。2013年に流行語大賞にもノミネートされました。

このさとり世代は、一般的に1980年代中ごろから1990年代中ごろに生まれた人を指すといわれています。現在20~30代の若者といった、実にアバウトな定義で、一部はゆとり世代ともかぶっていますね。

つくし世代

ほかにもここ2~3年で登場したものに「つくし世代」というものがあります。こちらは、主に現在10代の若者のことを指す考え方が一般的のようです。このつくし世代は、自らの個性を重視し、人に「尽くす」ことを喜びとする世代だといわれています。

また、スマートフォンを使ってSNSなどで交流することに重きを置いている傾向もあります。「webコミュニケーション能力の高い世代」といえるかもしれませんね。

ミレニアル世代

ミレニアルとは英語で“millennial”(千年の)という意味。ミレニアル世代とはミレニアム(新千年紀)が到来した2000年以降に成人または社会人になる世代のことを指します。

ミレニアル世代の特徴は、物心ついた頃からインターネットが身近にある中で育った最初の世代であるということ。インターネットがある世の中が当たり前であり、デジタル機器やSNSなどを使いこなすのに長けていると言われています。

Z世代

実は先のミレニアル世代のことを「Y世代」とも呼びます。そして「Z世代」とは「Y世代」のあとに続く位置づけ。生まれた時点で既にインターネットが整い、ブロードバンドなどでその利便性が加速度的に高まっていく環境の中で育っています。ちなみにこのY世代、Z世代というのはアメリカ生まれの用語。年代としてはおおむね1990年代中盤以降の生まれで、2021年現在においては10代〜20代前半にあたります。 

特徴としては生活の中でスマートフォンの占める割合が非常に高い、いわゆる「スマホ世代」。SNSでは特にTwitterやInstagramが好き。これらを全く抵抗なく使いこなし、情報の収集やコミュニケーションに活かしています。

まとめ

「これだからゆとりは……」といった有名なフレーズがあるように、何かと標的にされてきたゆとり世代。現在は脱ゆとり教育ですから、もしかしたらこの先「脱ゆとり世代」などの言葉も登場するかもしれませんね。それぞれの時代を反映する「〇〇世代」という言葉、今後も新しく次々と生み出されることでしょう。今後、どんな「○○世代」が登場するのかにも注目したいところです。


参考⇒文部科学省「学制百二十年史-第三編 教育・学術・文化・スポーツの進展と新たな展開-第三章 初等中等教育-第二節 教育内容・方法の改善-一 教育課程の改訂」

参考⇒文部科学省「小学校学習指導要領 文部省告示第175号」

参考⇒文部科学省「中学校学習指導要領 文部省告示第176号」

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催