初心者のためのキャンプガイド! 絶対そろえたいグッズ&キャンプ成功のコツ

編集部:すい
2017/09/03
お出かけ・イベント
あとで読む

夏から秋にかけてはアウトドアのレジャーが楽しい季節ですね。ここは一つ、本格的なキャンプに挑戦してみてはいかがでしょうか。今回は、キャンプ初心者の人向けに、絶対そろえておきたいマストアイテムをご紹介します。

▲こちらもチェック!
イマドキ学生は巣ごもりタイプ? アウトドア派orインドア派……現役大学生に多いのはどっち?

■秋はキャンプに出掛けてみよう!

自然の恵み豊かな秋は、キャンプにも適した季節です。キャンプでは野外で宿泊するためにさまざまな道具が必要です。では実際にどんな道具が必要なのか、マストアイテムをピックアップしてみましょう。

●テント

泊まりがけになるので、テントは必須です。テントにはドーム型、ロッジ型、ツールーム型、ワンポール型といった種類があります。最近はドーム型のテントが人気ですが、タープ(後述)と一体になったツールーム型も、大人数のキャンプには便利です。テントを選ぶ際は参加人数によって決めるといいでしょう。予算をケチって安いものを買うと、寝心地が悪くて後悔することもあります。できるだけ良い品質のテントを選びましょう。

●タープ

テントが寝室ならば、タープはリビングに当たります。食事をしたりくつろぐとき、雨風や日差しを遮るための広い布です。タープにもヘキサ、レクタ、ウイング、スクリーンなどの種類があります。

・ヘキサ

2本のポールを使って設営する六角形のタープです。構成がシンプルで手軽に設営できるというのがメリットです。

・レクタ

計6本のポールを使って設営するタープです。スクエアと呼ぶこともあります。ヘキサ、ウイングに比べて設営が難しくなりますが、面積が大きいので大人数向けです。

・ウイング

ヘキサと同様、設営には2本のポールを使うひし形のタープです。有効面積でヘキサに劣るため、現在の主流はヘキサです。

・スクリーン

メッシュなどのスクリーンで周囲を囲むタイプです。開放感は失われますが、虫よけになるというメリットがあります。

●マット

テント自体の底を保護する「グランドシート」と、室内用の「インナーマット」の2種類があり、どちらも必要です。テントの下は地面なので硬くて痛かったり、夜は想像以上に冷たくなったりしますから、グランドシートの上にインナーマットを敷きましょう。

●ロープ、ペグ、ハンマー

テントやタープを設営するのに使う道具です。ペグとは地面に打ち込む金具で、これにロープをかけ、テント、タープを固定します。ハンマーはペグを打ち込む際に使います。

次のページ他にも必須アイテムいろいろ!

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催