日本とどう違う? アメリカの「就活」事情 2ページ目

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む

●学歴・成績重視は日本以上! 大企業では要求される水準が高い


日本の就活について「学歴偏重」なんていわれることがありますが、実力主義なアメリカではその傾向はさらに強いといわれます。日本のような「履歴書に大学名を書かない」といったことはありません。大学・専攻科目・成績は重要視されるのです。

そのため、アメリカでも特に優秀とされるアイビー・リーグの大学を卒業した人は就職に非常に有利です。成績に関してもGPA(Grade Point Average)の得点が重視されます。最近、日本でもGPAを重視する動きが出ていますが、アメリカの場合これが徹底されていて、大企業の場合「GPA3.0以上」「GPA3.5以上」といった条件が明示されていることも普通で、それに達していない人は応募することもできません。

また、アメリカの就職活動では「推薦状」(reference)を持っていることが重要です。推薦状は、例えば担当科目の教授など社会的信用のある人に書いてもらうのですが、採用担当者から推薦状の提出を求められることが一般的となっています。推薦状がないと就職できないということもありますし、推薦状は転職の際にも必要になるのです。

他にもアメリカの就活は基本オンラインで行うという特徴があります。国土の広いアメリカを東奔西走していたら交通費がいくらあっても足りませんからね。履歴書や推薦状などはメールで送るなどし、また面接も電話やSkypeで行うのが基本です。

アメリカの就活は日本と比べるとずいぶん違っています。新卒者の一斉雇用がなく、即戦力募集、また国土の広いアメリカならではの就活事情ではないでしょうか。

<参考>
『Looksharp』
https://www.looksharp.com/
『WayUp』
https://www.wayup.com/
『LinkedIn』
https://www.linkedin.com/

(高橋モータース@dcp)

2

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催