最大70cm差! 歴代NBA選手の高身長&低身長ランキングTOP5 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

●第1位 160cm

・「マグジー・ボーグス」

アメリカ出身の元NBA選手です。マグジーは、チームメートにパスを出してゲームメークをする「ポイントガード」というポジションを任されていました。彼は14シーズンの間に5つのチームを経験しています。全盛期に所属していた『シャーロット・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ペリカンズ)』時代は地元民からの人気が絶大で、「シャーロット市長選に立候補したら当選間違いなし!」と言われるほどでした。

●第2位 165cm

・「アール・ボイキンス」

アメリカ出身の元NBA選手です。彼は非常に得点力のある選手でしたが、なかなかその才能に気付いてもらえませんでした。数々のチームを渡り歩きましたが、「背が小さいのでディフェンスで不利」という理由で、極端に出場時間を短くされ、どのチームでも重宝されませんでした。しかし、2002年に『ゴールデンステイト・ウォリアーズ』に移籍するとその才能を発揮。後に「NBA史上1試合で30得点以上取った最も身長が低い選手」と言われるまでになりました。

●第3位 168cm

・「メル・ハーシュ」

かなり昔の選手で、なんと1921年生まれ。初期の『ボストン・セルティックス』に所属していました。1946-1947シーズンのみ試合に出場しプレーをしていました。

●第4位 170cm

・「ワタル・ミサカ」

170cmの選手の中から代表して「ワタル・ミサカ」を紹介します。彼は、日系アメリカ人(二世)で、非白人のバスケットボール選手としては、史上初のNBAプレーヤーになります。日本のテレビなどで報道されるときは「ワッツ・ミサカ」として紹介されています。

●第5位 173cm

「田臥勇太」

・173cmの選手の中から代表して「田臥勇太」を紹介します。田臥は2004年に『フェニックス・サンズ』の開幕ロースターに入った日本人初のNBAプレーヤーです。現在は日本の『リンク栃木ブレックス』に所属しています。抜群のスピードと、広い視野を生かしたパスに定評がある選手です。

低身長ランキングを見ていきましたが、背の低い人にはパスをつないでゲームメークをするポイントガードが多いようですね。「ワタル・ミサカ」や「田臥勇太」などのアジア人もランクインしているのが特徴的でした。

いかがでしたか? 歴代NBAの一番大きい選手と一番小さい選手を比べてみると、なんと71cmもの差があります。しかし身長に関係なく、どの選手も個性を生かし活躍していました。バスケの本場で活躍するには、磨き上げた自分だけの武器が必要だということですね。

(吉田ハンチング@dcp)

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催