気分爽快! 見ているだけでハラハラするアクション映画ランキングTop10 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

■第5位 胸を鷲掴みにする緊張感と高い作品性に息を飲む「ダークナイト」

原作バットマンをもとにスタートした「ダークナイト3部作」の2作目にあたる「ダークナイト」。第1作に続きクリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベールが主演。ジョーカー役には本作が遺作(代役公開作を除く)となったヒース・レジャー。


ゴッサム・シティに凶悪なピエロのメイクをした犯罪者ジョーカーが現れます。白昼堂々と銀行強盗を決行し、姿を消します。 一方でバットマン=ブルース・ウェインは、ゴードン警部補や新任検事のハービー・デントらとともに、マフィアの資金洗浄摘発を計画する。計画は成功し、マフィアを壊滅状態にまで追い込みます。ブルース・ウェインは、この計画の成功に安心しバットマンから身を引き、想いを寄せるレイチェル・ドーズとの将来を考えます。

ここで追い詰められたマフィアが打って出た策は、ジョーカーにバットマン殺害を依頼するということでした。人を虫けらのように扱うジョーカーの恐怖が、ゴッサム・シティを襲うことに。

もはや、ヒーロー映画、アメコミ実写映画云々を越えて映画史に残る名作となった「ダークナイト」。描かれる犯罪は凶悪そのもので、テロの恐怖を反映する非常にシリアスな内容を作中に反映しています。決してハッピーエンドではない、言ってまえばバッドエンドを迎えるシナリオには戦慄さえおぼえます。
ジョーカーの怖ろしさを全身全霊で演じ切ったヒース・レジャーは、本作でアカデミー助演男優賞を受賞します。アクションシーンはリアリティを重視されたもので、高い作品性の構築に不可欠な要素となっています。

監督: クリストファー・ノーラン
脚本: クリストファー・ノーラン、ジョナサン・ノーラン
製作 : クリストファー・ノーラン、チャールズ・ローヴェン、エマ・トーマス
音楽 : ハンス・ジマー、ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演者: クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン

■第4位 止まることが許されないという設定がキモ「スピード」

時限爆弾と乗客を乗せたまま猛スピードで疾走するバスが巻き起こすノンストップ・アクション映画の大ヒット作。

ロサンゼルスの高層ビルのエレベーターに爆弾が仕掛けられ、10人ほどが閉じ込められる事件が発生する。救助に向かったのは、ロサンゼルス市警察SWAT隊員のジャック・トラヴェンたち。見事にエレベーターに閉じ込められた人たちを救助するが、身代金を要求してきた犯人ハワードに逃げられます。
数日後、ハワードは乗客の乗るバスに爆弾を仕掛け、再び身代金要求の電話を掛けてきます。対応に指名されたのはジャック。ハワードが仕掛けた爆弾はバスが時速80キロ以下に減速すると爆発する仕組み。ノンストップで走り続けるバスにジャックが乗り込み、爆弾除去、乗客の救出を試みます。

キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロックは本作「スピード」で一躍有名となりました。冒頭のエレベーターの場面からハラハラさせられるアクションの連続、バスが走り出すとクライマックスまで、常に限界ギリギリのアクションシーンが続きます。やっと一件落着かと思いきやまた一山迎える構成で見終わったあとは満腹感でいっぱいになります。
キアヌ・リーブスは危険なアクションもスタントなしで撮影のぞんだそうで、キレのあるアクションは格好いいの一言につきます。「ぼっち」呼ばわりされる昨今ですが、このころのキアヌはやっぱり最高です。

監督: ヤン・デ・ボン
脚本: グレアム・ヨスト
製作 : マーク・ゴードン
音楽 : マーク・マンシーナ、ビリー・アイドル
出演者: キアヌ・リーブス、デニス・ホッパー、サンドラ・ブロック

■第3位 無敵の主人公を堪能出来る爽快アクション映画「96時間」

ブライアン・ミルズは、かつて格闘技、銃撃等のスペシャリストとして活躍した元CIA工作員。仕事を引退した現在も、その高い技能は衰えないまま。静かな生活を送るブライアンの楽しみといえば、離婚した妻が引き取っている一人娘キムと会うこと。ブライアンはキムを溺愛しており、ねだられるとわがままも聞き入れてしまいます。
ある日、キムが友達のアマンダと二人でパリに旅行に行きたいと言い出し、承諾を求められたブライアンは、こまめに連絡をいれることを条件に、渋々これを聞き入れます。
こうしてパリ旅行に向かったキムとアマンダですが、到着して間もなく拉致されてしまいます。そのことをキムからの連絡で察したブライアンは、娘たちを救うためにパリに飛び立ちます。
キムたちを拉致したのは国際的な人身売買組織。元CIA工作員ブライアンが娘たちを救うためたった一人で立ち向かいます。

「レオン」で知られるリュック・ベッソンが製作に携わっている大ヒットアクション映画。本作のあと「リベンジ」「レクイエム」と続編も公開されています。元CIA工作員という最強パパ・ブライアンを演じているのはリーアム・ニーソン。この映画の特筆するところは、とにかくこのブライアンが強すぎるということ。この1作目はとくにそれが顕著で、どんな危険な状況もその戦闘スキルで切り抜けてしまう無双ぶりを発揮します。それが、軽快なテンポを生み、クライマックスまで一気に駆け抜けてしまいます。見ているこっちがヒヤヒヤという状況が少なく「最強パパ」を存分に楽しめます。

監督: ピエール・モレル
脚本: リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
製作 : リュック・ベッソン
音楽 : ナサニエル・メカリー
出演者:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、リーランドオーサー

■第2位 圧巻のストーリーで魅せるアクション映画の最高峰「フェイス/オフ」

FBI捜査官のショーン・アーチャーは、6年前に冷酷で残虐なテロリストのキャスター・トロイによって息子を殺されています。復讐を誓っていたアーチャーのもとに、トロイが空港からの逃亡を計画しているとの情報が入ります。現場で罠を張っていたアーチャーは激戦を繰り広げた末に、トロイ逮捕に成功します。
しかし逮捕後、トロイがロサンゼルスに細菌兵器を仕掛けていることが判明。細菌兵器の解除が急務となります。ところがトロイは意識不明、解除方法を知るのは獄中にいるトロイの弟ポラックスしかいません。意を決したアーチャーは、医師にトロイの顔を自分に移植するよう指示します。トロイになりすまし、ポラックスから細菌兵器の解除方法を聞き出すことに。
一方で、意識不明で顔をはぎ取られた状態のトロイが蘇生、アーチャーの顔を手に入れてアーチャーになりすまします。顔と立場が入れ替わった二人の壮絶な戦いがはじまる。

発想、設定の素晴らしさが際立つ「フェイス/オフ」。顔が入れ替わることで、巻き起こるさまざまな現実の錯綜をしっかりと考察し、ストーリーに組み込んでいます。 そして、FBI捜査官のアーチャーとテロリストのトロイを演じた、ニコラス・ケイジとジョン・トラボルタの演技も見所です。アーチャー=ジョン、トロイ=ニコラス、が現実の設定ということになりますが、劇中8割方は人格が入れ替わった状態。アーチャーの顔を手に入れたトロイが姿を現すときのジョン・トラボルタ、トロイの顔で自分がアーチャー本人であることを妻に証明するときのニコラス・ケイジ。印象的なシーン盛りだくさん。アクションもど派手で満足間違いなしの一本です。

監督: ジョン・ウー
脚本: マイク・ワーブ、マイケル・コリアリー
製作 : デヴィッド・パーマット、テレンス・チャン、クリストファー・ゴドシック、バリー・M・オズボーン
音楽 : ジョン・パウエル
出演者: ニコラス・ケイジ、ジョン・トラヴォルタ

■第1位 幅広い世代の支持を受けるアクション映画の傑作「ザ・ロック」

かつてアメリカ海兵隊の英雄と呼ばれたフランシス・X・ハメルはテロリスト集団を結成。神経ガスロケットを奪い、観光客を人質にアルカトラズ島を占拠します。ハメルは秘密作戦で危険にさらされながら、救援を得られずに戦死した部下たち、その家族に対する償いを政府に要求するという大義を帯びて、このテロ行為に及んでいます。政府が要求を呑まない場合、ハメルは神経ガスロケットをサンフランシスコへ向けて発射すると脅迫します。
政府はこのテロ行為に対し、化学兵器スペシャリストのスタンリー・グッドスピードと、過去にアルカトラズ島から脱獄に成功した男・元イギリス情報局スパイのジョン・パトリック・メイソンを作戦に召集する。

戦闘のプロ集団対兵器マニアと囚人、壮絶な駆け引きが「ザ・ロック」を舞台に繰り広げられます。ハラハラドキドキ感満載のアクション映画として申し分のない「ザ・ロック」ですが、更にそのストーリーの背景にはアメリカ政府に対するアンチテーゼが見え隠れします。対テロリスト集団という図式は存在しますが、ハメル側に一貫した「正義の主張」があることもまた事実です。
しかし、そういった小難しい話はこの際忘れてアクション映画の醍醐味を味わいましょう。どこか頼りない科学者スタンリーをニコラス・ケイジが好演、そして元スパイの囚人ジョンを演じるショーン・コネリーが激渋。アクション映画ファンの熱い支持を受け続ける傑作アクション映画です。

監督: マイケル・ベイ
脚本: デヴィッド・ウェイスバーグ、ダグラス・S・クック、マーク・ロスナー
製作 : ドン・シンプソン、ジェリー・ブラッカイマー
音楽 : ニック・グレニー=スミス、ハンス・ジマー、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演者: ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジ、エド・ハリス

他にもアクション映画といえば、カンフーアクション系、パニックアクション系、ガンアクション系、などさまざまに傑作が存在します。今回は正統派といえそうなアクション映画の名作からランキングで紹介してみました。どの作品もハラハラさせられること間違いなしです。気になった作品があればぜひ鑑賞してみてください。

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催