天気の悪い日に! 雨に最大限濡れない正しい傘の差し方 2ページ目

学生の窓口編集部
2015/11/18
入学準備・新生活
あとで読む

■頭から下半身までガードする差し方とは

頭から足先まで極力濡れないようにするためには、傘の上部に頭がつくくらいギリギリにして持つことがおすすめです。雨だれは傘の下側から垂れてくるものなので、このような姿勢をとると下半身まで濡れずにカバーすることができます。傘を傾ける角度が大きいときほどこの差し方は有効です。

■傘を肩にかけて差すのはやめましょう

よく傘を肩にかけて差している人を見かけますが、これはしずくで服が濡れてしまうことに加えて後ろを歩く人の視界を遮ってしまうことになるため、よい差し方とは言えません。傘を持つときには傘を身体の中心に持ってきて、ハンドルの曲がっている部分を自分の身体の方に向けるときれいに固定させることができます。

■風向きを計算して傘を差そう

台風のときなどは、雨と一緒に風に困らされることもあります。そんなときは傘を風上に向けて歩くようにしましょう。逆方向にしては傘を傷めて、最悪壊してしまうこともあるため細心の注意をはらいましょう。

極力雨に濡れないためのおすすめの傘の差し方を紹介しました。スムーズに傘がさせる人は上品にも見えて素敵ですね。自分が濡れないことももちろん大切ですが、周囲への気を配って傘のマナーを身に付けるようにしましょう。

関連記事

関連キーワード

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催