MacでWindows版のExcelファイルが開かない! 困ったときの対処法

2019/08/29

新生活・準備

Mac版とWindows版のExcelは、どちらも同じ会社が開発しているソフトです。しかし、MacとWindowsでは、使っているパソコンの仕組みが全く違うため、ソフトの互換性によってはファイルを開けないことがあります。たとえば、windowsのPCを使っている取引先で作成されたExcelを、自分のMacPCで開く必要があるときなどに困ってしまいますよね。そうしたMacユーザーの方の開けなくて困った!という場合の対処法についてご紹介していきます。

そもそも互換性って?

ある製品やシステム、ソフトウェアなどについて、別のものに置き換えても問題なく使えるものを「互換性がある」と表現します。

たとえばOffice 2016は、Windows版とMac版両方で発売されているため、同じファイルで開けますし、保存方式も同じです。しかし、Office 2013はWindows版でしか発売されなかったので、Office 2011 for Macを使っている人に送る場合は、以前のバージョンとの互換性があるファイル形式で保存する必要があります。

MacでWindows版のExcelが開けないときは?

MacでExcel開けないとき画像1

Windowsパソコンで作ったExcelファイルがMacのExcelで開けない場合、「Google スプレッドシート」「Numbers」「その他フリーソフト」などで開ける場合があります。それぞれどのように変わるのか、Excelファイルの状態を実際にみながら確認してみましょう。

方法1.Googleソフトを使う

Googleソフト(Googleアプリ)は、Googleアカウントがあれば誰でも無料でWebブラウザ上から使えるアプリケーションです。

MacでExcel開けないとき画像2


GoogleドキュメントはWord系、GoogleスライドはPowerPoint系ですから、これらのソフトを使いたいときにも便利です。では、実際にExcelファイルを開く場合で見ていきましょう。

【1】「スプレッドシート」→「空白」を選択する

MacでExcel開けないとき画像3

【2】「ファイル」→「開く」を選択する

MacでExcel開けないとき画像4

【3】「ファイルを開く」のタブの中から「アップロード」を選択し、表示に従ってドラッグ&ドロップするか、「デバイスのファイルを選択」で開きたいExcelファイルを選択する

MacでExcel開けないとき画像5

【4】ファイルが開く

方法2.「iWork」を使う

「iWork」とは、MacにプリインストールされているApple純正の文書・表計算・プレゼンテーションソフトです。文書の「Pages」、表計算の「Numbers」、プレゼンテーションの「Keynote」3つを合わせて「iWork」と呼ばれます。

この「Numbers」を使ってExcelファイルを開くやり方を見ていきましょう。

【1】「Finder」→「新規Finderウィンドウ」→「アプリケーション」を開き、「Numbers」をダブルクリック

MacでExcel開けないとき画像7

【2】Numbersが起動したら、「ファイル」→「開く」を選択し、開きたいExcelファイルを選択

MacでExcel開けないとき画像8

【3】ファイルが開く

MacでExcel開けないとき画像9

方法3.フリーソフトを使う

その他、オープンソースで開発されたフリーソフト「Apache OpenOffice」や、「LibreOffice」などでもExcelファイルを開くことができます。グーグルやiworksでも開けず、他の方法も試す必要がある場合は使ってみるのもよいでしょう。

Macでダウンロードしたファイルが文字化けしたら?

ダウンロードしたCSV形式のExcelファイルが、Macで開けたのにも関わらず文字化けしてしまっているときがあります。この場合は「テキストのエンコーディング」、つまり文字コードを変更すると解決できる場合があります。その方法を実際に見ていきましょう。

テキストのエンコーディングの方法

【1】該当のCSVファイルを右クリックし、「テキストエディット」で開く

MacでExcel開けないとき画像10

【2】「ファイル」→「複製」を選択

MacでExcel開けないとき画像11

【3】メニューバー「ファイル」→「保存」を選択し、拡張子「txt」を「csv」にし、「標準テキストのエンコーディング」を別のものに変更

MacでExcel開けないとき画像12

【4】エンコーディングは「Unicode(UTF-16)」または「日本語(Shift JIS)」のどちらかにすると文字化けしないケースが多いです。

MacでExcel開けないとき画像13

【5】「保存」をクリックして終了し、改めてExcelで開く

まとめ

Windowsで作ったファイルがMacで開けない場合、GoogleアプリやMac純正のアプリ、フリーソフトなどを使って無料で開くことができます。もし取引先から送られてきたExcelが開けないなどのトラブルがあったときには、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]