卒業証明書の取得方法は? いざというときの郵送取得・代理人受理もチェック

2019/07/31

内定・内定辞退

入社を決めた企業から、内定後に提出を求められるのが卒業証明書。申請の仕方や取得方法、費用に関して知らない人も多いのでは? 家からキャンパスが遠かったり、忙しくて学校まで行くタイミングがなかったりすることもあるでしょう。その場合に利用したい「郵送発行」や「代理人受取」についても紹介します。

卒業証明書の申請方法と費用は? いざというときの郵送取得・代理人受理もチェック

大学での卒業証明書の発行について

学校を卒業したことを証明する卒業証明書は大学で発行してくれます。発行方法は窓口での申し込みと郵送での申し込みを選択することができます。

後ほど詳しく解説しますが、代理人申請および受取をできる学校もあるので、自分で取りに行くことができない場合などは利用するとよいでしょう。申請からはおおよそ3日後に交付され、手数料は200~300円ほどであることが多いです。

卒業証明書を取り寄せ(郵送)で発行する方法

卒業証明書を郵送で申し込むときは、下記の4つを準備します。

・証明書交付書
・発行手数料
・証明書申請者の身分証のコピー
・返信用の封筒


学校ごとに証明書交付書があるので、プリントアウトして正確に記入します。また、郵便切手で発行手数料分の金額を同封します。身分を証明するものとしては運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどが使えます。マイナンバー通知は身分証ではないので気をつけましょう。

返信用の封筒には送付先(返信先)を記入し、郵送料金分の切手を貼り付けた状態にしておきます。

これらは一般的な発行方法ですが、学校によっても多少違いがあるので、学校のサイトを確認して正しい方法で申請するようにしましょう。

卒業証明書の申請の仕方

卒業証明書の申請方法と費用は? いざというときの郵送取得・代理人受理もチェック2

卒業証明書を申請するとき、証明書交付書が必要な場合は下記について正確に記入するようにします。

・氏名
・生年月日
・卒業学科
・卒業年月日(卒業式の日付)
・必要な書類と部数
・現住所
・電話番号(日中に連絡がつく電話番号)
・メールアドレス


この他に身分証明書も必要になるので忘れず持参しましょう。発行手数料は現金で支払える場合もありますが、学内にある券売機で証紙を購入する場合もありますので、自分の大学の方法を確認するようにしましょう。また、郵送対応をお願いするときには、切手で支払う場合もあるので注意しましょう。

卒業証明書を再発行してもらうには?

せっかく発行したのに、卒業証明書を紛失してしまった! という場合には、再発行してもらうとよいです。卒業証明書は何枚でも発行できるので、再発行手続きをすれば問題ありません。

なお、学校によっては卒業証明書を自分で発行するのではなく、学校側が予め発行してくれるというパターンもあります。紛失したと思っていたら、そもそも発行されていなかったということもあるかもしれませんので、取得方法についても確認してみましょう。

一度に複数枚発行することもできるので、何枚か必要なときや紛失が不安な人は、まとめて申請しておくのもよいです。また企業に提出する直前に紛失に気づき、急いで発行しなければ間に合わないの場合は、学校に連絡を入れると、柔軟に対応してくれるケースもあるようです。

とはいえ、提出間際になって焦らないようできるだけ早く申請して、手元に準備しておくといいですね。

卒業証明書の受け取り方と代理人が受け取る場合

学校の窓口で申請をして、当日もしくは後日学校で直接受け取る場合に行うことは下記の3つです。

・証明書交付書を記入する
・証明書発行手数料の証紙を購入する
・身分証を提示する


なお、郵送での受取を希望する人は、上記に加えて返信用封筒を渡す必要があります。

場合によっては、代理人が申請および受取をする方法もあります。代理人が申請および受け取るときに行うことは4つです。

・委任状を提出する
・証明書交付書を記入する
・代理人の身分証を提示する
・証明書申請者の身分証のコピーを提出する


なお、郵送での受取を希望する人は、上記に加えて返信用封筒を渡す必要があります。

郵送での卒業証明書のもらい方

卒業証明書の申請方法と費用は? いざというときの郵送取得・代理人受理もチェック3

郵送で卒業証明書を受け取るときは返信用封筒が必要になることがほとんどです。証明書の申請枚数によって返信用封筒のサイズを変える必要がある学校も多いので気をつけましょう。たとえば、4通以下だと長形3号(A4三つ折サイズ)、5通以上だと角形2号(A4サイズ)など指定されている学校もあります。

郵送料金(返信封筒に貼る切手)は封筒のサイズによって異なるので、郵便局の規定に基づき貼り付けるようにしましょう。

学校の窓口で直接受け取るときより、郵送の時間がかかるので、手元に届くまでの日数も追加でかってきてしまいます。家から大学が遠いなどの理由で、郵送を希望する場合は、時間や期日に余裕を持ってあらかじめ申請しておくようにしましょう。

卒業証明書の値段は手数料のみ?

卒業証明書を発行するときにかかる料金は手数料のみです。200~300円ほどであることがほとんどで、郵送で申請および受取をするときはプラス郵送料金がかかると思っておくとよいでしょう。

複数枚必要ならば、必要な枚数をまとめて申請すると手間になりません。とくに郵送で申請・受取するときは1回にまとめると郵送料金が少なくて済むので、できるだけ一度にまとめて申請するのがおすすめです。

卒業証明書の発行にかかる料金は会社に請求できる?

一般的に卒業証明書の発行にかかる料金は自己負担であることが多いです。会社負担になることは非常にまれです。自分で負担できるように予算を確保しておきましょう。

まとめ

卒業証明書の発行は大学の窓口か郵送でも申請できます。早く卒業証明書を手に入れたいのならば窓口で直接受け取ることをおすすめします。郵送は時間がかかりますが、遠方に住んでいるなどの事情がある場合は便利です。

卒業証明書の発行手数料は会社負担ではなく自己負担であることがほとんど。ただ、200~300円ほどで済みますので、あまり心配しなくても大丈夫でしょう。

学校によっては、申請してから受け取るまで3日ほどかかるところもあるので、あらかじめ余裕を持って申請しておくことをおすすめします。

(学生の窓口編集部)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

内定・内定辞退の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]