「所存」の正しい意味と使い方は? ビジネスメールの例文つき

2018/02/14

仕事全般

「所存」の正しい意味と使い方は?

ビジネスシーンでよく使われる「所存」という言葉があります。ビジネスシーンでは一般的な言葉ですが、誤用が多いともいわれています。今回はこの「所存」という言葉の正しい意味と使い方について、メールで使用する際の例文を交えてご紹介します。

▼こちらもチェック!
ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

■「所存」は二重表現、二重敬語に注意して使おう

「所存」とは『広辞苑 第六版』によると「心中に思うところ。おもわく。かんがえ。」(『広辞苑 第六版』P.1414より引用)とあります。

「所存」は「存する所(ところ)」の漢語的表現です。「存する」とは「思う」の謙譲語です。つまり「所存」も謙譲的な表現ということになります。一般的な使用例としては「〇〇する所存です」と言いますが、これは「〇〇するつもりです」「〇〇しようと思います」という意味です。

「所存」を実際に使用するに当たっては、誤用になりやすいパターンが二つあります。

●「〇〇と思う所存です」

「〇〇と思う所存です」「〇〇と考える所存です」という使い方は誤用です。「所存」が「思う」という意味なので「頭痛が痛い」と同じような「二重表現」になるのです。

●「ご所存」

「所存」を丁寧にしようとして「ご所存」と言ってしまうことがありますが、これは誤用です。「所存」は謙譲表現で相手に対してへりくだって使う言葉です。そのため「所存」に「ご」という尊敬表現を付けると二重敬語になります。

また、謙譲語は話し手の行為に使う敬語です。「ご所存」という使い方は「ご」という尊敬表現を自分に使うことになることもあり、間違いなのです。

次のページ「所存」を使ったビジネスメールの例文は?

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

仕事全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    新生活準備応援特集

    ピックアップ [PR]