ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

2017/01/17

マナー全般

 ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

「ご尽力」と「お力添え」はビジネスシーンでよく耳にする言葉です。どちらも意味としては「助けること」に相当しますが、実際に使用する際には意味合いも用法も違うことに留意しておきましょう。

それぞれの基本的な意味と具体的な用例に触れておくと使い分けができるようになります。正しい敬語表権を覚えてビジネスシーンで活用できるようになりましょう。

▼こちらもチェック!
【例文つき】スグ使えるビジネス用語・カタカナ語80選! ビジネスシーンに頻出の用語一覧

■ご尽力の意味とは

ご尽力とお力添えの違いを理解するためにまずはご尽力の意味について考えてみましょう。

尽力は基本的には「力を尽くす」が本来の意味であり、精一杯努力するというイメージです。何かに対して、できる範囲のことに精一杯の努力をする意味を込めているのが尽力であり、それに対して尊敬の意味を付加するとご尽力という言葉になります。そのため、目上の人が努力をしてくれた際にお礼の気持ちをもってご尽力という言葉を使用するのが一般的です。また、尽力という言葉は自分の努力に対しても使用することができます。大半の場合には努力という言葉で置き換えができますが、ビジネスシーンでは尽力の方がよく用いられます。目上の人に対して使用する際には、全力を費やしてくれたという感謝の意味が込められ、自分に対して使用する場合には、ただの努力ではなく全身全霊でがんばっていくんだという気持ちを伝えられるからです。そのため、基本的には目上の人に対するお礼の文脈と、自分がこれから努力をする決意を示す場面で用いられるのが尽力という言葉であると理解しておきましょう。

■お力添えの意味とは

助ける意味を持つという点でご尽力と混同しやすい言葉であるお力添えには努力の意味はありません。「力を添える」というのがもともとの意味であり、より「助ける」に近い意味があります。手助けをするイメージを持っておくといいでしょう。力添えは助力、援助、協力といった言葉で置き換えられるのが一般的であり、その謙譲語として目上の人に対して使用するときにお力添えを使用します。

文脈として目上の人に対するお礼やお願いの場面で用いられるのがお力添えの特徴であり、ビジネスシーンではどちらの場合にも頻繁に用いられる言葉です。ご尽力との違いは自分に対して使用することがない代わりにお願いの文脈でも使用できるという点です。お礼の文脈ではご尽力とお力添えは置き換え可能な場面がほとんどであり、細かな使い分けを気にする必要はさほどありません。むしろ気をつける必要があるのが、お願いの文脈ではお力添えを使用し、自分に対して使用する場合には尽力を使用するという点です。意味の違いから理解しておけば、いざというときに区別をつけて使用できるでしょう。

次のページ実際の使用例は?

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

マナー全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    新生活準備応援特集

    ピックアップ [PR]