住民税決定通知書とは? もらえる時期と内容・用途を知ろう

2018/03/11

お金の知識全般

住民税決定通知書とは?

「住民税決定通知書」とは、前年度の所得を元にその年の住民税の金額が確定された際に地方自治体から送られてくる文書のことです。社会人であれば1年に一度、5、6月ごろに会社から「住民税決定通知書」の書類が配布され、6月から天引きされる住民税がいくらなのかが明示されています。「住民税決定通知書」は実はとても大事な書類です。今回はこの「住民税決定通知書」について、その内容や用途、貰える時期などを紹介します。

▼こちらもチェック!
住民税とは? 概要や計算方法、納付方法について知ろう

住民税は誰に対して払うもの?

住民税は地方税で、市区町村が住民サービスの対価として課すもの。ですので、納付は自分の住んでいる市区町村に行います。「住民税決定通知書」の名称は地方自治体によって異なり、「住民税課税決定通知書」「市県民税納税通知書」などとされている場合もあるため、自分が住んでいる地域の地方自治体のホームページ等を参照して確認するようにしましょう。

住民税の「特別徴収」と「普通徴収」の違い

住民税の徴収方法には「普通徴集」と「特別徴収」の2種類があります。
給与所得者、ひらたく言えば企業に勤務してお給料をもらっているサラリーマンであれば、毎月の給与から所得税や社会保険料に併せて住民税も天引きされていますよね。会社が給与から源泉徴収し、本人の代わりに納付しているわけですが、これを「特別徴収」といいます。フリーランス、また自営業者の場合には自分で申告して住民税を納付します。こちらは「普通徴収」です。

「住民税決定通知書」とはそもそもなに?

給与所得者であるサラリーマンの場合には天引きが行われる「特別徴収」の形式で住民税を納めています。この住民税の金額はどのように決まっているのでしょうか?
住民税は「前年の所得を基に」計算されます。新年度の6月から徴収が開始されますが、その前に住民税の課税状況、金額についてを本人に告知するための書類が配布されます。これが「住民税決定通知書」です。市区町村は住民税の徴収を行うに当たって、「あなたの住民税は、このように課税されてこの金額になります。大丈夫ですね?」と確認を取るわけです。

住民税決定通知書は市区町村から本人宛てに郵送されますが、サラリーマンの場合には、源泉徴収している会社が受け取って従業員それぞれに配布するのが普通です。

次のページ住民税決定通知書の配布時期は?

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

お金の知識全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]