同期に差をつける! 新社会人が仕事でスタートダッシュを決める方法8選

2017/03/13

入社準備

●自分の価値観や固定観念を捨てる

・暗黙のルールなど早めに理解するようにする(男性/34歳/金属・鉄鋼・化学)
・長いものに巻かれる覚悟を持つこと。新人の間はとにかく上の人の言うことを素直に聞いておくべき(男性/24歳/食品・飲料)
・とにかくその時の状況に流される(従う)ことがいちばんいいと思う(女性/25歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・いろいろな人の考え方があることを知る。自分が正しいと思わない。いろいろな考えにもまれて、自分を成長させていくのがいいと思うから(女性/34歳/その他)

●その他

・やりかたを覚えて自分からも動けるようにスケジュールを覚える(女性/24歳/その他)
・会社独特の手法を早くマスターする。企業それぞれの変わった方法もあるのでそれを早く習得したほうがよく見られやすい(男性/37歳/運輸・倉庫)
・思い立ったらすぐに足を運ぶ。早く動かないと他の人に先を越されるから(女性/30歳/不動産)
・わからないことはどんどん質問して知識を増やす。社会人年数を重ねてくると質問できないことも増えてくるため、新人の特権だと思うから(男性/35歳/食品・飲料)

たくさんのリアルな意見がありましたね。自分の価値観を捨てる、という意見は共感できるのではないでしょうか。組織の中で働いていると、長いものに巻かれなければならない状況も多々起こり得ますよね。

社会人の経験から学んださまざまなことが反映された回答が揃っています。どの回答も、同期と差を付けるためというよりも少しでも早く一人前の社会人になるためにも必要なことばかりです。この春新社会人になるみなさんはぜひ参考にしてみてください。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年3月
調査人数:社会人男女234人(男性127人、女性107人)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る