責任、お金……社会人と学生の違いはどこにある?

2016/09/22

社会人ライフ

学生としての生活を終えると、次に訪れるのは社会人としての生活ですね。学生のなかにはアパート代や生活費を稼ぐためにアルバイトを行っている人も多いのではないでしょうか。社会に出ると、生きていくために働くことが求められるので、事前に仕事の経験をすることは社会勉強の一環になると思います。ほかにも、家庭を持った場合は家族を養っていく必要もありますから大変です。今回は我々若者の先輩ともいえる大人、社会人と学生の違いについて見ていきます。

◆社会人は学生と時間の使い方に大きな違いがある

日本における社会人と学生の違い。まずは何といっても時間の使い方が変わります。学生の場合は、時間に関してとやかく言われることが少ないですよね。学生によっては忙しさもまちまちでしょうが、暇な日も多く、その日その日を何して過ごそうかと考える人もいるでしょう(筆者がそうでした) 。対する社会人は、時間に縛られた生活を送るようになる人が多くなる傾向にあります。もちろん、職種によっては時間を自由に使える方もいますが、企業に勤める人はたいがい時間に追われてしまいます。また、時間通りに仕事を進めていく必要が生じるので、時間の使い方には十分注意しなくてはなりません。

◆お金に対する考え方にも違いが

次にご紹介する社会人と学生の大きな違いは、お金に対する考え方です。正直、学生も社会人も関係なく、時間よりこちらの方を深刻に考えている方もいるのではないでしょうか。学生は学業が本分ですからお金を稼ぐのはいわば学業の二の次です。しかし、大人になると生活のために働かなければならないので仕事がメインとなります。また、社会人になると自分の生活費のほかにも家賃代や税金など支出が高くなってしまうため、金銭面の管理がより重要です。学生はある程度気にせずお金を使っても何とかなりますが、社会人の場合は働いて得たお金の範囲内で生活しなければいけません。社会人になってからお金の管理に苦労する人は多いため、学生のうちから少しずつお金の管理に気をつけてみてもいいかもしれません。

次のページつづきは……◆自分の行動に責任を持つ

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る