社会人男性がヒゲを生やすのはあり? オフィスで気をつけたいヒゲの身だしなみマナーまとめ

2015/11/03

身だしなみ・ビジネスアイテム

飲み会・宴会

最近の日本では、ヒゲを生やしている男性の評価が変わってきたようです。ヒゲを生やしているだけで、仕事が出来そうに見える、スーツが似合うなど女性からの評判も上場のようですが、マナーとしてはどうなのでしょうか?シュチュエーション別に、世間一般の人からみた印象をまとめてみました。
【ヒゲを生やすのはマナー違反になるのか?】

■就活中は印象が第一

最近、成功している経営者を紹介するテレビ番組が増えています。特にIT系やデザイン事務所の社長には、ヒゲを生やしたダンディな男性が多く出演されていますが、彼らと就職活動中の自分を一緒にするのは危険です。
確かに職種によってはヒゲを生やしていても許される業界はありますが、就職活動中の学生に一番大事な事は、いかに相手に好印象を与えられるかどうか、第一印象が肝心なのです。これは手入れをしていようが、していまいが関係なくマナーの問題ですから、履歴書の写真や面接でヒゲを生やすのは、絶対にやめましょう。

■ほとんどの一般企業で働くサラリーマン

日本で働くサラリーマンの鉄則は、相手を不快にさせない事です。これは、あらゆる年代の人が持つ共通ルールなのですから、接客する相手の性別や年齢に関わりなく、清潔感を与える身だしなみが好まれます。特に、公務員や常時スーツを着て働く場合は、ヒゲを生やしているだけで印象が損なわれる事が多いようです。

【ヒゲを生やしていてもOKな業界】

ヒゲを生やすことが許される職種や業界とはどういった会社でしょうか?芸能関係や美容師などがこれに当たるという意見が多いようですが、サラリーマンで許される業界も、まれにあるようです。

■外国人スタッフを雇用している会社

日本の企業の中でも、外国人を採用する会社では、ヒゲを生やしていても許される場合があります。培ってきた常識やマナーが違う人間同士が一緒になって働く訳ですから、お互いに習慣の違いを受け入れる必要があります。当然、宗教上の理由で髭を生やすお国の人もいますから、ヒゲを生やす事が良しとされるのです。こういった企業に採用されれば、個人の個性を曲げる事なく希望の職業につけるかもしれません。

■外資系の金融企業

35才以上の中途採用の場合なら、外資系の金融会社でも特に問題になる事はないようですが、この場合はある程度のスキルと実績が大前提となります。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

身だしなみ・ビジネスアイテムの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]