「残念な夫」はいろいろあるけど......じゃあ「最高の夫」ってどんな人? 「イクメン」「結局は稼ぎ」

2015/03/19

新生活・準備

「残念な夫」はいろいろあるけど......じゃあ「最高の夫」ってどんな人? 「イクメン」「結局は稼ぎ」

料理が上手くておしとやかで旦那を立てる......。昔はそのような女性が「最高の妻」像と言われていましたね。今は共働きの社会だったり男性もそこまで亭主関白ではなかったりするので、求める「最高の妻」像も変わってきているかもしれませんね。では、逆に「最高の夫」像はどのような男性になるのでしょうか。イケメン? やさしい? お金持ち? 社会人女性に、「最高の夫」についてどう思うか聞いてみました。

▼こちらもチェック!
既婚女性に聞いた! 今の旦那さんを結婚相手に選んだ8つの理由


■家族としての「最高の夫」


・イクメン(女性/27歳/学校・教育関連)
・なにも言わないが、ときどき的確な言葉を子どもに言える(女性/28歳/団体・公益法人・官公庁)
・元気で働いてくれる。健康第一だと思うから(女性/33歳/医療・福祉)

子どもには威厳があり、奥さんには癒しを与えられる。そんな役割が家庭の中では望まれているようです。

■夫婦としての「最高の夫」

・お互いの時間を大切にする人。個人の時間を作ることでそれぞれの自由が生まれる(男性/36歳/機械・精密機器)
・お互いを助け合って高めていけるような男性。辛いときには助けてもらいたいし、助けたい。新しい刺激が無いのもつまらないので、色んな情報を教えてくれる人がいい(女性/25歳/その他)

夫婦とはいえ、考えが100%一致するなんてことは難しい! 互いの主張を尊重し、受け入れられる関係が築けることを望んでいるようですね。

■生活スタイルから見る「最高の夫」

・会社も、家庭も両方成立させるために頑張る人(女性/24歳/通信)
・オンとオフがきっちり分けられる人(女性/34歳/その他)
・お給料をいっぱい稼いできてくれる人。お金があれば幸せになれる(女性/34歳/金属・鉄鋼・化学)
・誠実な人。お金を稼げても風俗やギャンブルなどに手を出す人は嫌だから(女性/27歳/生保・損保)

家事も手伝って欲しい、会社でもバリバリと働いて欲しい!女性進出が進んだ今だからこその回答なのかもしれませんね。では、実際に「最高の夫」が周りにいるのか? 聞いてみました。

次のページ最高の夫とはどんな人?

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]