「エクセルの関数」「権力者との対面」社会人に聞いた「何度やっても上達しない」業務とは?

2014/12/19

電話・メール

「エクセルの関数」「権力者との対面」社会人に聞いた「何度やっても上達しない」業務とは?

やればやるほどうまくなる、というのが世の定説ですが、どうしても上達しない苦手なことってありますよね。それは、できないでは済まされない仕事でも同様です。では、さまざまな役割をこなすことが求められる社会人の皆さんは、どんな作業に苦手意識を感じているのでしょうか。そこで今回は「なかなか慣れない苦手業務」と、その対策について社会人500人に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
嫌な仕事が「好き」にかわる瞬間「スキルが上がった」「周囲からの評価が上がった」

■電話対応に慣れない! 

・なんとなく緊張して第一声がうわずってしまう(女性/38歳/生保・損保)
・クライアントへの一番最初の電話。どうしたら相手に伝えられるか色々考えすぎて緊張してしまう(男性/28歳/医薬品・化粧品)
・いつも電話の相手の名前を聞き間違えてしまう。取引先の会社とその担当者の名前を一欄表にして机の上に置いている(女性/31歳/ソフトウェア)

社会人が慣れない業務として最も多かったのが「電話対応」でした。いつ誰から、どんな内容かわからず、相手の表情も見えない電話。毎回ケースが違うため、ドキドキしてしまうそうです。「電話を取る前に深呼吸する」「メモを手元に用意する」「相手が慌てていても、落ち着いて対応する」などの工夫で、日々を乗り切っているそうです。

■エクセルに四苦八苦!

・エクセルの表計算。何度やっても自動計算ができない(男性/30歳/マスコミ・広告)
・エクセルの数式の意味。種類が多すぎてなかなか覚えられない(男性/33歳/学校・教育関連)
・関数が使いこなせない。雑誌の付録の関数の事典を持ち歩いている(女性/37歳/その他)

エクセルの扱いに悩まされている人も多数。得意な人に頼ってしのぐ人がいる一方、ひたすらに「耐える」という女性も......。近くに良き相談相手が見つからないと苦労しそうです。

■コピーに悪戦苦闘!

・印刷設定。一枚で印刷しようとしても、急いでいるとはみだしてしまう(男性/27歳/金融・証券)
・コピーをきれいに取る行為。使用する頻度はそれ程多くはないが、納得の行く出来になった事は少ない(男性/35歳/情報・IT)
・プリンターはよく紙詰まりして困る。怪しいときはすぐにジョブリセットする(女性/31歳/金融・証券)

ひとまずコピーはできても、「美しく」「効率的に」となると、思うようにいかないのが印刷作業。「私用で使う時に位置取りを練習」など、地道な努力にしか道はなさそうです。

■文章がうまく書けない!

・報告書を書くのが苦手。文書を考えるのに時間がかかる(女性/29歳/金融・証券)
・書類手続き。経理関係がややこしくて覚えられない(女性/31歳/学校・教育関連)

社会人は避けて通れない書き物系。「何度も見直す」「よい手本を確保しておく」「スピードをあきらめて正確さを優先」など、粘り強く時間をかけて取り組むことで、難局を乗り切っているそうです。

■こんなことも苦手!

・プレゼンスキル。どんなに準備しても緊張してしまう(女性/29歳/情報・IT)
・他部署の人への案件の取りまとめのお願い。知らない人にお願いするのが申し訳ない(女性/28歳/運輸・倉庫)
・飛び込みのあいさつ(男性/46歳/商社・卸)
・価格交渉(女性/32歳/金属・鉄鋼・化学)
・初対面の人との仕事(男性/30歳/電機)
・権力者との対面(男性/40歳/食品・飲料)

なかなか人見知りやあがり症は直らないものですよね。これらは、経験を積んで慣れていくしかないのかもしれません。対策としては、「準備をしっかりとする」「上手な人のマネをする」など、苦手ながらも最善を尽くすことが一番効果的なようです。

長く働いたからといって、すべての業務がスムーズにこなせるようになるとはかぎりません。早さだけを優先してあせるのではなく、何度も時間をかけてやる、見本を参考にする、など、ある程度の割り切りと対策が必要なようですね。皆さんはどんな業務に四苦八苦していますか?

文 サクマ香奈

調査期間:2014年11月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象件数:社会人500件(ウェブログイン式)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]