年下の友だち、敬語とタメ口どっちで接してほしい? 半数以上がタメ口も「自分は年上には敬語」

2014/11/27

社会人ライフ

年下の友だち、敬語とタメ口どっちで接してほしい? 半数以上がタメ口も「自分は年上には敬語」

社会人になると、社歴や社会人歴は同じでも、年齢は違うということはよくあります。大学生でも、浪人して同学年の友だちより年齢が上、なんてことは珍しくないですよね。では、皆さんは年下の友だちからはタメ口で接してほしいですか? それとも敬語がいいですか? どちらの考えの人が多いのでしょうか。社会人の皆さんに聞いてみました。

▼こちらもチェック!
「育ちがいい」と感じる人の特徴5選「ナチュラルに敬語を使い分け」「魚の食べ方がきれい」

■基本的にはタメ口で接してほしい人が多い?

Q.年下の友だちにはタメ口で接してほしいと思いますか? それとも敬語がいいですか?

・タメ口がいい......279人(55.8%)
・敬語がいい......221人(44.2%)

社会人500人に聞いてみたところ、このような結果になりました。「タメ口がいい」という人が約56%と多数派のようです。年下といっても友だちなのですから、やはりタメ口の方が楽なのでしょうね。反対に「敬語がいい」という人は221人、意外と多いように感じます。

次に、それぞれの回答者に理由を聞いてみました。まずは「タメ口がいい」と回答した人の回答です。

●気取って話されるよりタメ口で話された方が会話が弾みます(女性/24歳/不動産)
●敬語だといつまでもお互いの距離が縮まらない気がするので(女性/23歳/金融・証券)
●仕事上で先輩・後輩という関係があるのなら礼儀として敬語が必要と思うけど、そういうのに関係なく友だちになったなら気にしないです(女性/33歳/不動産)
●タメ口がいい。同期が年下だけど、いつも敬語なので少し距離を感じている(女性/23歳/医療・福祉)
●1対1の状況であれば、タメ口でも私は気にしない。ただしTPOは気にしてほしい(男性/34歳/金属・鉄鋼・化学)
●内容による。敬語でも失礼な発言が多い場合はナシ。タメ口でも敬っている気持ちが分かればアリ(女性/27歳/機械・精密機器)
●特にそこまで気にしないが、相手が気を使って敬語にしたいならあえてやめさせるほどでもない(男性/44歳/商社・卸)

「タメ口がいい」と回答した人からは、こうした理由が挙げられています。全体的に「タメ口の方が仲良くなれる」「お互いの距離が近い」といった回答が多かったですね。また、「TPOは気にしてほしい」という意見も多く見られました。

今度は、「敬語がいい」と回答した人の理由を紹介します。

●私自身が体育会系の部活出身なので、年下なら礼儀として敬語を話して当たり前な気がする(女性/22歳/運輸・倉庫)
●社会に出たらそれが通用しないので、友だちだとしても礼儀として敬語で接してほしい(男性/23歳/機械・精密機器)
●タメ口は相手になめられる。調子に乗られるのが嫌なので(女性/29歳/建設・土木)
●タメ口の距離感よりも敬語を使う距離感の方が、関係がうまくいきやすいという経験があるから(男性/28歳/情報・IT)
●礼儀としてある程度は節度を守った方が、自分のためというよりも、その人のためになると思う(男性/47歳/ソフトウェア)
●自分も年上の友だちには敬語で接しているので、上下関係をはっきりさせるために敬語の方がいい(男性/31歳/商社・卸)

「敬語がいい」という理由については、こうした回答が寄せられました。多かったのは「礼儀として」というもの。友だちだとしても、年下ならば敬語にすべきという意見が多く見られました。また、運動部など上下関係の厳しい場所を経験してきた人も、年下ならば友だちでも敬語で接してほしいと思うようです。

ちなみに、回答者自身は年上の友だちに対してタメ口なのか敬語なのか聞いてみたところ、

・タメ口......150人(30.0%)
・敬語......350人(70.0%)

という結果になりました。皆さん、年下の友だちからはタメ口で接してほしいけど、年上の友だちには基本的に敬語なのですね。「他人を敬う」という考えの人が多いということです。

これを読んでいる皆さんはどうですか? 年下の友だちからはタメ口がいいですか? それとも敬語がいいですか?

調査期間:2014/11(フレッシャーズ調べ)
調査対象:社会人男女
有効回答件数:500件

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る