最近よく聞く「神」称号。みんなの使いどころはどんな時?

2014/04/22

新生活・準備

最近よく聞く「神」称号。みんなの使いどころはどんな時

最近、気になる言葉遣いがある。若者のあいだで、お互いを褒めるときに「神!」と言い合う姿をよく見掛けるのだ。

平成20年代に入り、「神」という言葉が安易に乱発されるようになった。おそらく、AKB48の人気メンバーを形容した『神セブン』がキッカケだろう。

▼こちらもチェック!
ついポロリ……社会人が仕事でうっかり使ってしまう若者言葉6選

そこで今回、学生300人に緊急アンケートを実施。若者は「神」をどのように捉えているのだろうか。まず、「人を褒めたり称えたりする用途で『神』という言葉を使ったことはありますか?」と聞くと、約3割が「Yes」と答えた。さらに、「どのような場面で使いますか?」の問うと、学生らしく授業の単位やアルバイトに関する回答が目立った。

【「神」という言葉を使う場面は?】

・基本的に授業に対して緩い先生に対して(男性/24歳)
・風邪や帰省でバイトを代わってもらいたいときに、いつも快く引き受けてくれる先輩は神(女性/22歳)

例文を書いてくれる学生も続出した。

・あの先生は授業に出なくても単位がくるから「神」だ(男性/20歳)
・研究室の先輩はとても優しいので「神」だ(女性/22歳)

有名人に対して、

・カトパンは体力がある「神」(女性/28歳)
・プルシェンコ選手はほんと「神」(女性/24歳)

と使用されるケースもある。

単位やアルバイト以外のことでも、褒め言葉として使われている。

・常軌を逸した素晴らしい人(女性/22歳)
・仕事でファインプレーをした人に、尊敬を込めて使った(女性/22歳)
・作曲家のすぎやまこういち氏の楽曲をコンサートで聴いた時、すぎやま氏は「神」だと同伴者に熱弁した(男性/21歳)

だが、小悪魔はいつの時代にも存在する。

・都合のいい人(女性/23歳)

たしかに、何でもおごってくれたり、買い与えてくれたりする「都合のいい男性」は「神」だろう。

また、「自分を『神』と思った瞬間を教えてください」という質問には、

・「なんか今日、大学の授業が休講になる気がする」と家で思って、調べたら本当に休講だった時(女性/22歳)
・雨が降ってきたときに傘を持っていた(女性/22歳)
・ツルツル路面で体勢を大きく崩したが、なんとかこけなかったとき(女性/25歳)

などの微妙な答えも。ほかにも、

・マリオカートのグランプリをすべて1位でゴール(男性/22歳)
・マインスイーパをやり続けて夜を越したとき(男性/24歳)
・ドラクエで一度もやられずにボスにたどり着いたとき(男性/31歳)
・ドラクエを数日でクリアした時(女性/22歳)
・ゲームでの神プレイ(男性/22歳)

と異次元の世界でのみずからの功績を称える傾向も目立った。

また、

・グアム旅行で一人だけバナナボートから落ちた時(女性/22歳)

という「笑いの神」が舞い降りた瞬間を表現する女性もいれば、

・売れる芸能人を見極めた時(男性/22歳)

という答えもあった。現代を象徴する「上から目線」と言えよう。

一方で、謙虚な学生もいる。

・特にない。まだまだ発展途上(女性/21歳)
・そのような瞬間はない(女性/23歳)

社会人としてスタートするフレッシュマンであれば、たとえ上司に「神!」と褒められたとしても、

・自分は神を名乗るような人物ではありません(男性/23歳)

と殊勝な態度を取ったほうが、より評価が上がるだろう。

文●落合知

調査期間:2014年3月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象件数:学生325件(ウェブログイン式)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]