困っていても助けてあげたくない人の特徴

2014/03/12

付き合い・人間関係

困っていても助けてあげたくない人の特徴

仕事は助け合い。それぞれの得意分野を活かして、相互補助によって効率よく進めていくのが理想です。だけど、なかには自分1人で仕事をしているかのように振る舞う人がいます。もし、そんな人が困っていたらどうしますか? 今回は、仕事で困っていても助けたくない人とはどんな人なのか、社会人500人に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
やさしさが沁みる! 仕事で「ありがたいなぁ」と思った同僚からのフォロー8選

【無礼な人】

・ほかの人に助けてもらったのに先にご飯を食べに行き、お礼も言わずにいた(女性/22歳)
・やってもらって当たり前で、かつお礼を言わない(男性/21歳)

【横取りする人】

・私がやってたはずのことを彼女がダメにして、こっそり戻して終わったころに、さも自分が結果を出したようにされた(女性/33歳)
・全部自分がやったことにする人(男性/34歳)

【日頃の態度が悪い人】

・態度が悪く、感じが悪い。いつも怒っているような人(男性/34歳)
・常に上から目線で、自分以外はみんな馬鹿だと思って見下している人(女性/27歳)
・意地悪ばかりされているので、とても助けたいという気がしない(女性/31歳)
・勤務開始時間ぎりぎりに出勤し、勤務中もSNSをチェックし、効率よく仕事を終わらせようとする姿勢が見られない(女性/30歳)

【助けられたくないのかも】

・助けてもらっているのにイヤミをいう人(女性/32歳)
・仕事をわざと遅くやろうとして、給料泥棒しようとしているようなので、あえてそのままにしている(男性/33歳)

【かわいくなさすぎ】

・助けてあげても、わかってた風に振る舞う(女性/27歳)
・上司がいるときだけ「頑張ってるアピール」をする。普段からちゃんと働いてほしい(女性/22歳)

【自業自得な人】

・私が困ったときにSOS出しても助けてくれなかった(女性/30歳)
・自分が困っているときは助けを求めてくるくせに、こちらが困っているときに助けを求めても「自分で解決しろ」と突き返す(男性/34歳)

【女の敵!】

・3股かけて女をバカにしているクズ男(女性/27歳)

出世する人は、天才か、そうでなければみんなの人気者でなくてはいけません。人間は1人の能力では不十分で、誰もが助けたくなる魅力を持っている人こそ、大きな仕事をなせる人です。ほかの人をぞんざいに扱う人は、いつか自分もそういう目に合うことを覚悟しなくてはいけません。でもそんな人ばかりの、お互いを信頼できないギクシャクした職場はイヤですよね。「困ったときはお互い様」と、気持ちよく言いたいものです。

文・オリスリス

アンケート:フレッシャーズ調べ(20代、30代の男女500人)
調査期間:2014年2月

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]