2021年02月17日 更新

一人暮らしでも簡単にできる♪ お部屋のイメージに合わせたテーブルコーディネート

一人暮らしでも手軽にできる、部屋のテイストに合ったおすすめのテーブルコーディネート方法をご紹介します! 5種類の部屋(淡色・シンプル・大人ガーリー・メンズライク・ボヘミアン)をテーマに、実例付きで一人暮らしでも簡単にできて楽しめるアイデアをまとめました。自分の部屋に合うテーブルコーディネートに挑戦してみましょう!

こんにちは。テーブルウェアスタイリスト®の二本柳(にほんやなぎ)です。
のんびり自由に過ごせる一人暮らしのおうち時間。せっかくならもっと楽しむたためにテーブルの上をキレイに飾ってみませんか? そこで今回はテイストの違う5タイプのお部屋ごとに合ったテーブルコーディネートとおすすめのアイテムをご紹介します。

1.淡色系のお部屋におすすめのコーディネート

  • POINT

    ・お部屋と同じ淡色系のアイテムを中心に選ぶ。
    ・「風合い」までこだわることが大事!

淡色系のお部屋には、ホワイトやベージュ、明るい木製など優しい色味をイメージしたアイテムをそろえてみましょう。
おすすめは、淡い色のフランスやイギリスアンティークの皿や、マットな質感をした淡色色の皿、少し肉厚のリネンのテーブルマットやキャンドルなどです。
アンティークと聞くと少しハードルが高そうなイメージかもしれませんが、淡色系のお部屋にマッチする優しい色合いの絵柄も多くあるので、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか?
また、淡色系のお花もぜひ取り入れてみましょう!
春の時期には写真のような色合いのラナンキュラスやベージュのカーネーション、優しい淡色カラーのチューリップなども多く出回ります。淡色カラーのお花も取り入れて、テーブルコーディネートを楽しんでみてください。

2.シンプルなお部屋におすすめのコーディネート

「テーブルコーディネート」といえば、テーブルクロスを敷いたり、色とりどりの花を飾ったり……と、ラグジュアリーな雰囲気を想像する人が多いと思いますが、実は色味を抑えたシンプルなコーディネートもあるんです◎
  • POINT

    ・シンプルなお部屋は、テーマカラーを1~2色に絞ってファブリックを最小限にする!

シンプルなお部屋におすすめなのは、ずばりファブリックを最小限にしたテーブルコーディネートです。テーブルナプキンだけ畳んでお皿にのせて、カトラリーなどはテーブルの上に直接セッティングしてみましょう。
このテーブルコーディネートで欠かせないのが、使用する色を絞ってみるという点です。グレーの代わりにベージュでもいいですし、ホワイト1色でも応用が利くので、お花の色やナプキンの色、お皿の色を1~2色で構成してみるとすっきりシンプルなテーブルコーディネートが完成します。

3.大人ガーリーなお部屋におすすめのコーディネート

  • POINT

    ・キーワードは「曲線」
    ・ホワイトとペールカラーの組み合わせがGOOD◎
    ・フリルアイテムを取り入れる

「曲線」がデザインに取り入れられたアイテムはガーリーなお部屋にぴったり! お皿やカトラリー、ソルト&ペッパーやフラワーベースなど、丸み帯びたアイテムがそろうと自然とガーリーな印象になっていきます。
そして、この甘めなイメージから少し大人っぽくしていくためには、色合わせが重要。ホワイトとペールカラーなど、少し落ち着いた淡く澄んだ色を組み合わせるのがおすすめです。
今回はホワイトとペールグリーンでテーブルコーディネートしてみました。お部屋のカラーに合わせて、ペールグレーやペールピンクを取り入れてなど、さまざまな大人ガーリーのテーブルコーディネートを作ってみてください。
もうひとつ、大人ガーリーなお部屋におすすめのアイテムが、フリルが付いたナプキン。大人ガーリーなテーブルを象徴するポイントになりますよ。

4.メンズライクなお部屋におすすめのコーディネート

  • POINT

    ・ブラック、グレー、ブラウンなどを使用して、都会的で洗練された雰囲気を作る。
    ・ホテルのようなラグジュアリーさや、NY・ブルックリンのようなスタイリッシュさをイメージする。

今回は「ブルックリンのカフェ」をイメージして、メンズライクなお部屋に合ったテーブルコーディネートをご紹介します。
ブルックリンのカフェっぽくするには、無骨なアイテムやビンテージアイテムがマッチします。NYのブルックリンには、古くからの建物をリノベーションしたオフィスビルやカフェなどが建ち並び、ビンテージ家具やアイアン製の家具をインテリアとして上手に組み合わせたおしゃれな屋内になっているところも多く、コーディネートの参考になります。
アメリカ映画やドラマで最近のブルックリンのカフェなどが登場するシーンも多くあるので、観てみるとさらにイメージしやすくなるのではないでしょうか。
無骨なイメージを出すおすすめのアイテムのひとつが『アイアン製のキャンドルホルダー』です。キャンドルホルダー以外のアイテムもダークトーンに合わせて構成すると、よりメンズライクに近づきます。
プチプラブランドでは、イケアやH&Mホームで購入できますよ。
テーブルクロスは敷かなくてもよいですが、今回はブラックカラーのチェック柄クロス、持ち手がブラックのカトラリー、ダークトーンのティーカップやお皿で構成してみました。
ブラックのグラデーションでテーブルコーディネートを構成するイメージを持つと上手にできます◎

5.ボヘミアンなお部屋におすすめのコーディネート

通常、テーブルコーディネートではだいたい多くても3~4色でコーディネートをまとめると、美しくなるといわれていますが、このボヘミアンスタイルは例外! 色合わせを楽しんでみましょう。
  • POINT

    ・大胆なカラーや柄のテーブルクロス・食器を取り入れる

実は、インテリア業界でもボヘミアンやモロッコのリアド(※)のインテリアを参考にしたインテリアコーディネートが近年注目されています。こういったインテリア業界のトレンドをそのままテーブルコーディネートにするイメージで挑戦してみましょう。
(※)リアド:「木が植えられた庭」や「邸宅」「中庭のある家」を意味するアラビア語で、元々は裕福な人々が建てた家を宿泊施設として改築したものがモロッコでは「リアド」と呼ばれています。

大胆な色合わせは、テーブルクロスやランナーと呼ばれる細長いテーブルクロスを取り入れてみると思いのほか簡単にできます。
テーブルクロスではなくても、最近はマルチカバーというさまざまなインテリアに使えるアイテムがプチプラ価格でで販売されているので、大胆な柄やカラーのマルチカバーをテーブルサイズに折って試してみてもいいでしょう。一見奇抜かな?と思うような柄やカラーもテーブルにかけてみるとなかなかよい感じになるものですよ◎
大胆なクロスに合わせる食器も悩む点なのでは? そんなときは、モロッコのカラフルな陶器サフィ(※)やテラコッタの器に合わせてみるのがおすすめです。色とりどりのカラーグラスも添えると、華やかでよく合いますよ。
(※)サフィ:モロッコのなかでも有名な陶器産業で有名な街の名前。サフィの陶器はとてもカラフルな事で有名です。絵付けは1つ1つ職人さんがカラフルな絵具で幾何学模様などで描いています。

まとめ

器の色やフォルム、素材を変えるだけでまったく違った印象になるテーブルコーディネートの世界。インテリアをすべて変えるのはのは大変ですが、テーブルコーディネートなら”卓上の世界”でいろいろと楽しめるのが魅力という声をよく聞きます。みなさんもお部屋のイメージに合わせて、一人暮らしのおうち時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

黒がアクセント! かわいくなりすぎない北欧インテリアの1K

黒がアクセント! かわいくなりすぎない北欧インテリアの1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、7畳1Kに暮らすnullnem___さん。白とベージュをベースに、黒をアクセントとして取り入れ、かわいくなりすぎない北欧イ...
とりぐら編集部
2021.03.29
おうちごはんBefore&After! インスタグラマー9人が教える「おいしいごはん」の撮影方法

おうちごはんBefore&After! インスタグラマー9人が教える「おいしいごはん」の撮影方法

「おうちごはん」を撮影してみたものの、なかなかきれいに撮れなくてがっかりすることはありませんか? 日々おしゃれなおうちごはんを楽しんでいるインスタグラマー9人から聞いた「身の...
とりぐら編集部
2020.07.14
憧れの一人暮らし! 大学生向け物件&インテリア選びのコツ教えます

憧れの一人暮らし! 大学生向け物件&インテリア選びのコツ教えます

大学生になったら一人暮らしをしようと考えている人必見!初めての物件探しでチェックしておくべき条件から、インテリア選びのポイント、真似したくなるコーディネート術まで紹介します。...
とりぐら編集部
2020.01.21
とりぐら読者の『一人暮らしインテリアに関する悩み』をインテリアコーディネーター・MAKOが解決!

とりぐら読者の『一人暮らしインテリアに関する悩み』をインテリアコーディネーター・MAKOが解決!

とりぐら読者から寄せられた『一人暮らしのインテリアに関する悩み』をインテリアコーディネーター・MAKOさんがプロならではの視点で解決する新連載。第1回目は、理想のお部屋を作る...
MAKO
2021.04.06
ほっこり落ち着く、木の温もりがある古民家風1LDK

ほっこり落ち着く、木の温もりがある古民家風1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1LDKに暮らすcheeee_08さん。テーマはナチュラルアンティーク。古家具を取り入れ、古民家風になるように意識したお部...
とりぐら編集部
2021.02.18

この記事のキーワード

この記事のライター

二本柳志津香 二本柳志津香

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ