「TOEIC」と「TOEFL」の違いって? 試験内容を解説! 3ページ目

編集部:いとり
2016/11/06
資格
あとで読む

●TOEFLの試験内容

日本で行われているTOEFLの試験は「TOEFL iBTテスト」と「TOEFL ITPテスト」があります。ITPテストの方は団体用の試験ですので、ここではiBTテストの内容を紹介します。「iBTテスト」はInternet-based Test インターネット版TOEFLテストのことです。PBTテスト(Paper-based Test ペーパー版TOEFLテスト)もあったのですが現在は実施されていません。

・受験料:230ドル(日本の場合)
※国・条件によって異なります。詳細は以下のサイトを参照
http://www.ets.org/toefl/ibt/about/fees/
・「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能について測る試験
・Reading試験:60-80分/3-4パッセージ
・Listening試験:60-90分/4-6題
・Speaking試験:20分/6問
 (Integrated tasks:4問を含む)
・Writing試験:50分/2問
 (Integrated taskを含む)
・Speakingセクションでは、マイクに向かって話し、音声が録音される
・同時に複数の技能を測定する問題(Integrated Task)が出題される
・スコア:0-120点
・スコアは点数に加え、「スコアの持つ意味」の解説(Performance Descriptor)も示される
・High(高)/Intermediate(中)/Low(低)/Good(優)/Fair(良)/Limited(限定的)/Weak(極めて限定的)という判定がある

またインターネット経由で行われる試験ですので、以下のような点が特徴です。

・テストセンターにて全セクションコンピューター上で受験
・全セクションでメモを取ること(Note-taking)が可能

このように「TOEIC」と「TOEFL」は大きく異なっています。「難易度はTOEFLの方が高く、また英語力を測る試験としてグローバルスタンダードなのもTOEFLの方」と言われますが、どちらもあなたの英語力を測ってくれることは確かです。大学時代に一度受験してみてはいかがでしょうか?

⇒『TOEIC』公式サイト
http://www.toeic.or.jp/

⇒『TOEFL』公式サイト(日本語)
http://www.cieej.or.jp/toefl/

(高橋モータース@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催