ß

かわいがられる新入社員になりたい! 求められているのはどんな新入社員? #キャリアロードマップの一歩目

2021/03/30

入社準備

かわいがられる新入社員になりたい! 求められているのはどんな新入社員?
連載TOPイラスト:伊藤ハムスター

こんにちは、キャリアカウンセラーの"ひつじ"です。
いよいよ入社までのカウントダウンが始まりましたね。希望と不安でドキドキしている方が多いのではないでしょうか?

この時期のみなさんの気がかりは大きく二つ。
・配属
・配属先での人間関係

前回、配属についての記事(「配属希望は叶わない? 配属が決まるまでの4つの要素」)を書いたので、今回は、上司や先輩とうまく付き合っていくにはどうしたら良いかについてお話していきたいと思います。

<目次>
1.上司や先輩が求めているのは、どんな新入社員
2.どんな新入社員になりたい? 新入社員の希望は?


気軽にキャリアの相談してみませんか?
相談やお悩み投稿はこちらから

上司や先輩が求めているのは、どんな新入社員?


まず初めに、上司や先輩社員側のニーズをみていきましょう。フレッシュさ、元気というのが土台にあった上で下記のような意見がよく聞かれます。

1.素直さ
新入社員に一番求められていることは、これかもしれません(人間、年を取ると、素直さや柔軟さが失われがちですから)。これには、”お礼がちゃんと言える“や、”謝るべきときは謝る“という部分も含まれます。

2.ミスを隠さない
ミスはしたくないし、ミスをして怒られるのも嫌ですよね。怒られることを思うと、隠したくなる気持ち、ものすごくよくわかります。でも、仕事における失敗の大半は、隠すことで傷口が広がって、他者が気付いたときにはリカバリーできなくなっていて大損失発生となりがちです。今、怒られるのと、後で怒られるのでは、確実に今怒られておいた方が怒られレベルは低いので、隠すという概念そのものを捨てましょう。

3.何度も同じことを言わさない
「記憶力に自信がある」と言う人でも、膨大な仕事の波に飲まれていると、頭が混乱するものです。しっかりメモを取って、上司や先輩に何度も同じことを言わさないようにしましょう(これは、将来みなさんに後輩ができたときに、何度も同じことを聞かれて初めて、何度も説明する側の辛さを理解できるのかもしれないですね)。

自分が新入社員のときはどうだったかなあと思うと、なかなかに耳の痛い言葉が並びますね。こんな新入社員が欲しいと言う先輩社員自身も、新入社員の頃にはできていなかったりしたものですが、実際に自分に後輩が出来て、気付いた部分も多いのでしょうね。


どんな新入社員になりたい? 新入社員の希望は?

かわいがられる新入社員になりたい! 求められているのはどんな新入社員?


次は、新入社員側の視点を見ていきましょう。

一昔前は「どんな新入社員になりたいですか?」という質問を投げかけると、「仕事のできる新入社員」が一番多かったのですが、最近は「上司や先輩にかわいがられる新入社員」という意見が増えてきました。仕事をする上で人間関係が大事だと考える人が増えてきているのだなあと感じます。

上司や先輩にかわいがられて、優しく丁寧に教えてもらえたら、新しい環境にも仕事にも早く慣れることができます。なので、かわいがられる新入社員になりたいという気持ち、よくわかります。
ですが、世の中の大半の職場においては、新入社員というだけで、初めのうちはチヤホヤもされるし、優しくしてもらえるものなのですよ。
ただ、問題はこのかわいがられる期間。前述の上司や先輩のニーズを押さえていると、この期間は長くなります(できていないと、物珍しさのある期間だけで終わります)。

前述の上司や先輩のニーズは、新入社員だけでなく、仕事をする上で大切な基礎となる部分でもあります。
この基礎がしっかり出来ていないと、仕事は身についても、仕事における人間関係等でつまずいて、うまく仕事がまわらなくなってしまうものなのです。
今の職場で頑張る際はもちろん、転職して異なる職場にいっても、仕事以外での人間関係でも、良好な関係を築くためには大切なことだと思っておいてもらえるとうれしいです。

こういう話をしていると「媚びて仕事をしたくない」という意見も聞きます。「かわいがられる」と「媚びる」は、似た雰囲気の言葉ですが、異なるものです。

・媚びる:本来の自分を偽って、相手に合わせてすり寄ること
・かわいがられる:本来の自分のままで、他者から認めてもらうこと

ぜひとも、媚びるのではなく、かわいがられる新入社員になってくださいね。


まとめ


世の中には、天性の「かわいがられ上手」な人もいるし、上司や先輩に恵まれている人もいます。傍から見ると、何の努力もなく、ただ持って生まれたものや運で周りからかわいがられている人を見ると嫉妬することもあるでしょう。

でも、あなたが社会人としての基礎を踏まえて、自分のすべきことをしていれば、時間は少しかかりますが、周りは認めてくれるし、社会人としての土台が固まっていきます。
長い人生、色々思うことはあるかもしれませんが、焦らない。あなたはあなたで出来ることをコツコツとしていけば良いのです。

さあもうすぐ入社。みなさんが「働くって大変だけど楽しい」と思えるように祈っています。
みなさんが社会という同じフィールドに出てきてくれることを心待ちにしていますね。

ライター:ひつじさん文・ひつじ
キャリアコンサルタント&産業カウンセラー。新卒入社の企業での採用&研修担当を経て、現在はコンサルティング会社にて企業の相談事をメインに活動中。子持ち、資格マニア、雑学大好き。就職転職だけでなく、結婚出産等も含めたキャリア相談に定評あり。
Twitter:@ career_sheep


感想やご意見をくれると喜びます
お便りはここをクリック


キャリアロードマップの一歩目
連載バックナンバーはこちら

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る