自由は有限。だから仕事を辞めて、今しかできないことをしたっていい【ものすごい愛のお悩み相談室】

2018/10/18

付き合い・人間関係

新社会人からリアルな悩みを募集し、独自の視点からアドバイスをもらう連載「新社会人のお悩み相談室」。今回は、「結婚による退職を前提とした状態での仕事への取り組み方」に関するお悩みに、元・社蓄OLで、現在は主婦業にパワフルに励むものすごい愛さんが回答します。

お局さまのせいで職場の人間関係が最悪……やり過ごすにはどうすれば?

イラスト・saori・tanaka

働けど働けど仕事の終わりが見えず「こんなに頑張って、得られるものとはいったい…?」と自問自答しているうちに定時を過ぎて絶望している新社会人のみなさん、ごきげんよう。

先日、新婚旅行でスペインに行った際、スペイン人のあまりの働かなさに「これで経済がちゃんと回ってるんなら日本もそうしたほうが絶対いいじゃん!」と感銘を受けました、ものすごい愛です。
決して経済的に豊かではなくても、心が豊かになる時間の使い方ができるようになりたいものですね。

さて、今回の相談は、「結婚による退職を前提とした状態での仕事への取り組み方」に悩む女性からの相談です。

社畜時代のことを思い出すと「あれは虚無でしかなかった」という感想しか出てこないわたしが、そのころの経験を生かして豊かな時間の過ごし方についてお話しさせて頂きます。

Q.結婚による退職を控え、仕事の取り組み方に悩んでいる
遠距離恋愛中で結婚も考えている彼氏がいます。新幹線を使わないと会えない距離のため、結婚したら私が仕事を辞めて、彼氏のほうに行くつもりです。
しかし、どうせあとちょっとで辞めるのかーと思うと仕事のモチベーションが上がらず、仕事を教えてくれる先輩たちにも『辞めちゃうのに申し訳ないな……』と思ってしまいます。 おじさんたちにも彼氏の就職先を言うと、直接言われることはありませんが『どうせ辞めるんだろうな……』というリアクションをされます。
このまま結婚まで今の仕事を続けようか、それともいっそ早めに転職して彼氏のほうに行ってしまおうか悩んでいます。
( 女性/26歳/自動車関連 )




あなたの“今”はとても価値がある


まずは、どういう時間の過ごし方をするのがあなたにとっていちばん有意義で心が豊かになるのかを考えてみましょう。

26歳、独身、子供もいない、しかし結婚の予定はある。
今のあなたは、とても尊い時間を手に入れた状況です。

成人を過ぎているから自分の責任は自分で取れるし若くて体力だってある、そのうえ社会経験をしたことで判断力や対人スキルがきちんと培われている。育児をしている人に比べて、時間を自分のためだけに使うことができて制約も少ないし、何をするにしても身軽に動ける。

結婚が決まっていて、婚活しなくては! と躍起になる必要も不安もない。
どうしよう、何をしようと悩んでばかりで何もせず、目標もなくただ時間が過ぎるのを眺めて環境の変化に受動的になっているのはとてももったいないと思います。

どうせ、これから先、何十年も働かなくてはなりません。
また、家庭によってそれぞれルールはあれど、結婚をするとさまざまなものが夫婦共有の財産となり、何をするにしても配偶者と相談する必要が出てきますし、もしも子どもを持ちたいと思っているのなら、出産や育児で自分以外のために時間を使うことになります。

仕事で出世してたくさんお給料をもらうために一生懸命働く、配偶者とのよりよい生活のために協力し合う、自分の子供を立派に育てる、どれも素晴らしいことですし、そのために時間を使うことももちろん有意義です。

でも、これらはいつか必ずやってくることで、来るべきときが来たらにその状況に相応しい目標を掲げて、努力すればよいのではないでしょうか?

仕事のモチベーションなんて、なんだっていい


もちろん、結婚して退職をするギリギリまで仕事をするのも、選択肢のひとつです。

両家の顔合わせ、挙式、披露宴、新婚旅行、結婚後の新居の準備など、結婚するにはなにかとお金がかかりますよね。

そのためにできるだけ貯金しておきたいという考えもわかります。

あなたは上司や先輩に「どうせ辞めるんだよな……」と申し訳なく思っているようですが、そんなこと思わなくていいのです。

お金を稼ぐためだけに仕事をするということは、決して悪いことではないと思います。

仕事のモチベーションなんて人それぞれ、与えられたことをしっかりとこなして責任を果たしていれば他人から文句を言われる筋合いはありませんよね。

上司や先輩にとってはそれも仕事のうち、割り切って考えましょう。

あなたが会社のために働けば、会社はあなたのために相応の責任を持ってくれますが、会社はあなたの人生を豊かにする保障まで担ってくれるわけではないのです。

自由な時間は有限で、お金では買えない


もしも、一定期間働かなくても生活が成り立つ余裕があるのなら、わたしは早めに仕事を辞めることをオススメします。
辞めたからといって、すぐに彼氏のところに行って新しい仕事を始める必要もないと思います。
制約がなくて、体力があって、自分で自分だけの責任を取りさえすればいい自由な時間は今しかありません。

海外に長期間行って美しいものを見るのでも、今までの仕事と畑違いのアルバイトをするのでも、ずっとやってみたかった習い事をするのでも、毎日ジム通いしてムキムキになるのでも、なんだっていいのです。働いていたら、結婚したら、子供が生まれたらなかなかできないことに時間をつかってほしいと思います。

お金はいくらでも稼ぐことができますが、時間はお金では買えません。
そして、自由な時間というのはとても価値があり、有限なのです

過去を振り返ったときに、あなたが「とてもいい経験になった」「あの時間を過ごしてほんとうによかった」と思えるような、実りある日々を過ごせることを願っております。


文・ものすごい愛
北海道出身。心身ともに健康だけが取り柄の、元社蓄のしがない主婦。洗濯洗剤はジェルボール派。AMにて『命に過ぎたる愛なし』を連載中。

連載:命に過ぎたる愛なし 
Twitter:@ mnsgi_ai 


イラスト・saori・tanaka
北海道生まれの関東在住。文字とイラストを描きます。好きな食べものは梨。

Twitter:@ oyocois


お悩み相談室バックナンバー

相談はこちらから

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]