「以後気をつけます」とは? ビジネスにおける正しい使い方【例文付き】

2018/07/24

付き合い・人間関係

「以後気をつけます」とは?

「以後気をつけます」とは

「以後気をつけます」とは、「これから先」を表す「以後」と、「気を付けます」を合わせた言葉で、「今後は注意します」「これからは心してかかります」といった意味の言葉です。

普段何気なく使っているけれども、よくよく考えてみると本当の意味を知らないまま使っていた…という方が多いのではないでしょうか。「おはようございます」にしても「さようなら」にしても、当たり前のように使っているけれども、意味を問われると答えに困ってしまいますよね。

では「以後気をつけます」はどうでしょうか。「以後」は「これから先は」になります。「気をつけます」は、古語では「こころ置く」となります。
参考:「さぶらふ人にこころおき給(たま)ふ事もなくて」(源氏物語 若菜下)

なお、「以後気をつけます」は古文では「これよりはこころ置き申し候」となり、現代文にすると「これからは心してかかります」となります。

ちなみに「おはようございます」は、「お早いお勤め、ご苦労様でございます」が略されたものです。また、「さようなら」は「左様ならば、これにて失礼いたします」が略されて現在のようになりました。いずれも江戸時代から使われていた挨拶の言葉が語源になっています。

「以後気をつけます」の丁寧な表現は?

「以後気をつけます」はしっかりとした敬語表現です。しかし、何か足りないと思う方が多いのではないでしょうか。当たり前のように紋切り型で使われているために、どうしても心がこもっていないような印象を受けます。上司や取引先などからミスを指摘された場合は、今後の対応策を付け足して「以後気をつけます」を使用するようにしましょう。

例文1:上司から文章の誤字を指摘された場合

「この度は、初歩的な間違いをしてしまい誠に申しわけございません。これからは十分確認して、二度とこのようなことが起こらないように対処いたします」

例文2:クライアントから仕事の納期が遅れたことを指摘された場合

「この度は、納品が遅れましたこと、心よりお詫び申し上げます。これからは納期厳守を徹底するよう、管理体制の強化をはかってまいります」

例文3:クライアントから対処方法の誤りを指摘された場合

「対処方法の間違いについてご指摘いただきまして、誠にありがとうございます。今後はこのようなミスを起こさないよう、厳重に注意しながら対応するようにいたします。何卒これからもご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。」

「以後気をつけます」の類語・言い換えは?

「以後気をつけます」だけでは、反省の色が足りない、心がこもってない印象を受けるという方が多いと思います。もっと使い古されてない表現はないものでしょうか。「以後気をつけます」によく似た言葉・類語をご紹介します。

「以後こころして取り組むようにいたします」
「二度とこのようなことがないように注意いたします」
「以後このようなことがないよう肝に銘じて対応いたします」
「今後はこのようなことが起こらないよう心がけてまいります」
「以降は、このようなことを繰り返さないよう、厳重に注意して対処いたします」

まとめ

今回は「以後気をつけます」について、語源や由来をたどりながら正しい意味や使い方を解説してきました。そのままで正しい敬語表現なのですが、「以後気をつけます」だけでは足りないような場合は、どのように気をつけるのか、具体的な対処方法を付け加えるようにしましょう。また、上司や取引先から注意や指摘を受けた場合には、ことの重大さに合わせて「以後気をつけます」の類語を使い分けることが大切です。心のこもってない謝罪や、逆に丁寧過ぎて慇懃無礼な印象を相手に与えてしまうようなアンバランスな返答は避けるようにしましょう。

・執筆:ヤマダ ユキマル
広告代理店を経て、求人サイトのコンテンツライター、ビジネス関連サイトのライターとして活動中。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]