ディレクションとは? その意味と使い方を紹介(例文あり)

2018/06/12

付き合い・人間関係

ディレクションとは、指導や監督、演出という意味の言葉であり、​広告業界やメディア業界でよく使われる言葉です。たとえばテレビ番組のディレクションは、出演者の演技指導や照明・大道具の管理などを行う総合的な演出のことを指します。そして、このディレクションを行う人をディレクターと呼び、業務内容を把握したディレクターが関係者にコンセプトを伝え、その上で最後まで総指揮を行うことをディレクション業務と呼びます。今回はディレクションの言葉の使い方についてご紹介していきましょう。

ディレクションとは?  その意味と使い方を紹介(例文あり)

▼こちらもチェック!
ビジネス用語・カタカナ語80選! メール・会議で頻出のスグ使える略語・用語一覧

ディレクションは仕事の名称

ディレクションとは、ビジネスの現場で1つの仕事の名称として使われています。先に述べたようにメディア業界や広告業界でよく使われていますが、これらの業界では、ディレクションという仕事が存在しています。その仕事内容は、指導や監督、演出という意味通りのもので、イメージから想像つくようにかなり高スキルな仕事です。総指揮をとる立場にあるため、スケジュール管理や進行管理なども必要になってきます。ディレクション業務に従事するには、かなり高い能力が求められるでしょう。

ディレクターの仕事には、さまざまな職種の人々が働く状況において、誰かが迷ったり失敗したりした際、正しい方向に進むように的確な指示を行うことも含まれます。物事を円滑に進め、周りの人たちとコミュニケーションを取る能力が必要です。

<例文>ディレクションの使い方

それでは、どんなときにディレクションという言葉が使われるのか、具体例を挙げてみましょう。

・演劇のディレクションをすることになった。
・ウェブサイトのディレクションの担当している。
・制作進行するために必要なディレクションのポイントを習得する。
・監督から細かなディレクションが入る。
・モデルKAORIディレクションのブランド

このように、ディレクションはさまざまな場面で使われます。それぞれの現場によって使い方が少しずつ違っていますので、状況に応じた使い分けができるといいでしょう。近年はウェブサイトの制作現場でも、ディレクターやディレクションという言葉が多用されるようになりました。特に関連業界への就業を目指す方は、ディレクションとは? のの意味をしっかり理解しておきましょう。

・執筆:Megu.K

さまざまなコンテンツの執筆を10年以上に渡って行っている。美容、就職、求人関連の記事は多数執筆経験がある。伝えたい内容を的確に表現することを心がけ、対象の読者を意識した文章を提供することに重点をおいて執筆している。

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]