「表題の件」の使い方とは? 標題との違いは?

2018/01/31

ビジネス用語

■表題と標題ってどう違うの?

表題の他に「標題」という言葉もあります。「表」の部分が「標」になっているだけで読みは同じ「ひょうだい」です。これもよく見掛ける言葉ですが、それぞれ意味は全く異なります。

表題はいわゆる「タイトル」を表す言葉ですが、標題は「見出し」を意味する言葉です。例えば本コラムだと、タイトルの「「表題の件」の使い方とは? 標題との違いは?」が表題に当たり、「表題と標題ってどう違うの?」といった見出しが標題になります。

標題は主にレポートで使用する言葉で、ビジネスメールではあまり使うことはありません。しかし表題とするところを標題にしてしまうなど「変換間違い」があると、これもまた読む相手が混乱することがあるので、注意しましょう。

ビジネスメールでも使うことが多い「表題の件」の意味や使い方、そして混同しやすい「標題」との違いなどをご紹介しました。しっかりと覚えて、ぜひ上司や取引先とのメールの中で生かしてみてください!

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]