催促メールの書き方と例文 失礼のない文面にするにはどうすればいい?

2017/10/31

電話・メール

■催促メールの書き方は?

まずは催促メールの例をご紹介します。

-----------------------------------------
株式会社○○
▲▲ 様

お世話になっております。
株式会社××の□□です。

先日お話させていただきましたプロジェクトの書類を
○日にお送り致しましたが、
ご確認いただいておりますでしょうか。

御社の確認をいただいた上で、
プロジェクトを進めたく存じますので、
恐れ入りますが○日までにお返事いただけますと幸いです。

また、念のため添付にて再送致しますので、
ご確認のほどよろしくお願い致します。
お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
-----------------------------------------

上記は取引先に送った書類の確認を催促しているメールです。こうした催促メールを送るに当たり特に重要となるのが、

1.どの案件なのか
2.いつ連絡したものなのか
3.なぜ早くしてほしいのか
4.いつまでに対応してほしいのか

の4点です。例文でもこの4点を盛り込んでいますが、ここをあいまいにしてしまうと、相手の対応もさらに遅れてしまう可能性があるため、明確に書かないといけません。特に「なぜ早く対応してほしいのか」の部分は「説得力」が増すので、必ず添えましょう。

次のページ資料を再送するのもスムーズに催促するコツ

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]