あきらめないでよかった! 社会人が仕事で「努力が報われた!」と思った瞬間9選

2017/02/24

社会人ライフ



大学に合格したときや、部活の大会で勝利を収めたときなど……。あなたも人生の中で、これまでに何度か「達成感」を味わってきたはずです。社会人になっても、仕事の中でそういったうれしい瞬間は必ずやってくるはず。では実際、どんなときに、「努力が報われた!」と感じるものなのでしょうか? 社会人のみなさんに話を聞いてみました。

▼こちらの記事もチェック!
「今の会社に入ってよかった!」と思った瞬間「苦しいときに助け合える」「自販機の飲み物が50円」

■仕事で「努力が報われた!」と思った瞬間はどんなときですか?
●ほめられたとき

・自分の仕事では成果が目に見えにくいので、人からほめられるとはうれしいし、これでよかったんだと実感できる(女性/38歳/食品・飲料)
・うれしいから(女性/30歳/医療・福祉)
・給与に反映されるといい(男性/37歳/学校・教育関連)
・評価してもらえたという喜びが残るから(男性/34歳/運輸・倉庫)

●売り上げが伸びたとき

・なかなか伸びない分野だったのに成果が見えたから(男性/37歳/その他)
・自分は職人だけどその努力が成果になったから(男性/50歳以上/その他)
・数字で明確化されるとうれしいから(男性/40歳/その他)
・営業成績が上がった(男性/31歳/自動車関連)

●給料が上がったとき

・25年間耐えに耐えてきて、ようやく年収が1000万円を超えたとき。がんばってきてよかったと思ったから(男性/50歳以上/その他)
・わかりやすく成果を確認できるから(男性/40歳/情報・IT)
・給料ほど仕事の努力が実物になった瞬間はないと思うから(男性/28歳/その他)
・形に残らないほめ言葉では腹一杯にならないから(男性/41歳/その他)

次のページほかにもこんな瞬間に!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る